ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 聖市地下鉄と都電(CPTM)の従業員たちは23日、24日に行う予定だったスト中止を発表した。地下鉄、CPTMの従業員たちはそれぞれ10・82%、11・08%の賃上げ要求を行っていたが、地下鉄は7・5%の引き上げを提案、CPTM側の10・44%との回答は受け入れられた形だ。ただ、最終的な決定は31日に地方労働裁判所で出ることになっており、そこで問題がこじれた場合は、6月1日にストが行われるかもしれないとのことだ。ただ、スト回避の知らせに安心しすぎたか、23日の夕方以降、CPTM9号線や地下鉄3号線が通常の3倍の時間の減速運転を行ったことは、あまり報じられなかった。
     ◎
 まだサッカー全国選手権4部のチームながら、今年の聖州選手権で準優勝し、一躍脚光を浴びたアウダックスから23日、主力選手2人がサンパウロとコリンチャンスへの入団を発表した。前者はフォワードのイタロで、後者はミッドフィールダーのカマショだ。アウダックスからは既にチェチェがパルメイラスに移籍し、右サイドバックのレギュラーになっている。こうした出世物語がついてくるのも聖州選手権の醍醐味の一つだ。
     ◎
 聖市でも冷え込みが厳しくなり、24日未明は北部のミランテ・デ・サンタナで今年最低の9・3度を記録した。ただ、当初は「7度まで下がるのではないか」とも言われていて、向こう数日はまだまだ冷え込む見込みだ。このところは夜になると雨が降り、寒さを増す状態が続いているが、風があると体感温度は約6度下がる。今年の冬は厳しいものとなるのか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年11月29日 東西南北  この週末はフィデル・カストロ氏死去という衝撃的なニュースが全世界をかけめぐり、話題を独占した。同氏の評価は様々で、ある人は「独裁者」と呼んで忌み嫌い、また、ある人は「虐げられた弱い立場の人を救った英雄」と持ち上げているが、ブラジルでの後者の代表がルーラ元大統領だ。ルーラ氏は2 […]
  • 東西南北2016年9月20日 東西南北  16日付本紙でも報じた、グローボ局のノヴェーラ「ヴェーリョ・シコ」のロケ現場の川で溺死した同番組主役のひとり、ドミンゴス・モンタグネルの葬儀が17日、彼が生前愛用していた聖市東部タトゥアペーのフェルナンド・トーレス劇場で行われ、多くのファンや友人、関係者、ノヴェーラの共演者ら […]
  • 東西南北2016年4月12日 東西南北  ジウマ大統領罷免阻止に苦しい展開の労働者党(PT)に、追い討ちをかけるように内部分裂の危機が浮上している。11日付フォーリャ紙によると、ルーラ政権で法相を務めた、前南大河州知事のタルソ・ジェンロ氏を筆頭に、PTに失望した党員たちが今年10月の市長選後に新党結成を目指すというの […]
  • 東西南北2016年2月20日 東西南北  カルドーゾ元大統領が、元愛人のジャーナリスト、ミリアン・ドゥットラさんに対し、2002~06年に、輸出入業社ブラジフ社を通じ、同社との契約金といつわって、生活費と子供の養育費として月額3千ドルを支払っていたとミリアンさんが告白し、カルドーゾ氏も認めたことが話題となっている。愛 […]
  • 東西南北2015年12月5日 東西南北  昨日も報じた、聖市地下鉄やCPTM、一部のバス・ターミナルで、ビリェッテ・ウニコの自動課金機が使えなくなっている件に関し、地下鉄側がその理由を発表した。それによると、課金機を管理する企業の「レデ・ポント・セルト」が、市からの売上配当金の比率見直しが行われないことを不服として、 […]