ホーム | コラム | 樹海 | 「我々は森の中で迷ったヤマトだ。ブラジル版タカユキはどこにいる!」

「我々は森の中で迷ったヤマトだ。ブラジル版タカユキはどこにいる!」

「ブラジル版タカユキはどこだ!」と叫ぶマルセロ・タス

「ブラジル版タカユキはどこだ!」と叫ぶマルセロ・タス

 有名なテレビ番組司会者マルセロ・タスは6日朝、CBNラジオで「我々は森の中で迷ったヤマトだ。ブラジル版タカユキはどこにいる!」と叫んだ。これは、日本中はおろか伯国でも連日報道されていた田野岡大和君の件だ。ブラジル人は日本人にどんなイメージを持ち、この事件から何を考えたのか?▼産経ニュース電子版3日付は事件概要を《北海道七飯町の林道で行方不明となり、7日目の3日朝に鹿部町の陸上自衛隊駒ケ岳演習場内で保護された小学2年、田野岡大和君(7)=北斗市=の父親が報道陣の取材に応じ、「私の行き過ぎた行動で息子に大変つらい思いをさせてしまった」とし、「皆さまにご迷惑をおかけし、深くおわびいたします」と謝罪した》と伝えた▼公園で道行く人や車に石を投げた大和君への「しつけ」として、父貴之さんは彼を林道に置き去りにした振りをして約5分後に戻ったが、すでに姿がなくなっていた。7日後に見つかった時、父は記者会見で子供に加え、「ご心配をかけた」と社会全体に謝罪した▼タスはこのニュースに触れ、「この父親の態度には心から驚かされた。日本には〃しつけ〃として子供を放置して、自分で自分の問題を解決させる文化がある。にも関わらず、タカユキは自分の責任を認め、社会に謝った。ブラジルではありえないことだ」と声を張り上げた▼南米大陸初の名誉ある五輪開催まで2カ月を切った現在、国家元首だったジウマ大統領は停職させられ、罷免の瀬戸際にある。にもかかわらず、彼女は国家財政を破たんさせた財政責任を認めず、逆に「クーデターの被害者」だと言い張る。謝罪の「しゃ」の字もない▼汚職まみれのクーニャ下院議長は職責剥奪されて議席も罷免スレスレで、誰も認めたくない人物が議長代行に居座る。レナン上院議長と最大与党PMDBのジュッカ党首も連邦検察庁に告発され、いつ起訴されてもおかしくない。サルネイ、コーロル、FHC、ルーラなど現存する大統領経験者全員に何らかの容疑が…。ある意味、国家中枢が丸ごと腐っているような未曽有の政治危機、財政大混乱の状態にある▼ブラジル国民は、深い、深い森に迷い込んで、出口が分からない子供のようだ。だからタスは、「ペトロブラス疑惑の渦中にいる誰一人自分の非を認めず、謝るものはいない。我々国民は森の中で迷ったヤマトと同じではないか」とあてつけた▼「ブラジル版タカユキはどこだ!」という彼の言葉からは、大混乱状態にした政治家本人が責任を認め、「家長」としての信頼を取り戻す、謙虚で勇気ある行動を日本の倫理から学べ―と云っているように聞こえる。自らの非を認める政治家を求める、国民の気運を代弁している▼社会への謝罪を公に口にした数少ない政治家は、デウシジオ・ド・アマラウ元上議や、メンサロン事件の口火を切ったロベルト・ジェフェルソンPTB党首ぐらいではないか▼さらにタスは、「日本には謝罪に加え、もう一つの選択肢がある。ハラキリだ。責任を取って自らを罰するのだ」と迫る。「ハラキリ(責任を認める)」=「自白(司法取引証言)」という図式か。汚職の全てを白日の下にさらけ出して政界を完全浄化し、日本人のように国民に謝罪しろと言っているようだ▼でもタスがそう言ってジャポネースを持ち上げた翌日、〃正義の味方〃のはずの「連邦警察のジャポネース」が逮捕された。今のブラジルは、本当に(悪い意味での)〃期待〃を裏切らない。はぁ~(タメ息)。まあ、移民も108周年にもなれば「悪役」や「間抜け役」のジャポネースが誕生しても仕方がないか…。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ