ホーム | コラム | 樹海 | 「イータリー」の日本食版はできないものか

「イータリー」の日本食版はできないものか

詰め物入りパスタ、ラヴィオリを作る職人の手作業を、へばりつくように見入る子供

詰め物入りパスタ、ラヴィオリを作る職人の手作業を、へばりつくように見入る子供

 「これの日本食版ができないものか」―昨年5月にサンパウロ市南部にオープンしたイタリア食物産センター「イータリー(Eataly)」(Av. Pres. Juscelino Kubitschek, 1489)を見た時、まっさきにそう思った。最高級繁華街にある3階建て(4500平米)の全てがが、イタリア食材とレストランで埋められている▼特徴としては、あちこちに実演コーナーがあって、目の前で食材を完成させる様子が見られることだ。例えば目の前で詰め物入りチーズやパスタを作ったりと、子供が目を皿のようにして職人の手仕事を凝視している姿がほほえましい。生ビール製造コーナーまである▼イタリア・レストランもピザやスパゲティ、肉料理など専門店が7つもあり、オープンカウンター方式で料理している様子が見えるのが特徴だ。日本食店ではカウンター席は当たり前だが、ブラジルのレストランは欧米と同じく、客に厨房を積極的には見せないのが一般的だ。でもここは違う▼食材販売部門では、他では見ないイタリア直来の輸入食材1317品を含めて7千商品がずらりとならぶ。商品の価格帯が富裕層向けなので、一般庶民には向かない。22部門に分かれ、ブラジル内の400社が卸している。多くはイタリア系子孫の会社だろう。開店時のフォーリャ紙15年5月13日付によれば、従業員は520人、投資金額は4千万レアルだ▼いわばイタリア食に関する「食べる」「見せる」「選べる」を徹底的に集めた「イタリア食のディズニーランド」だ▼玄関を入ると「ブラジルはイタリアだ」「ありがとう、サンパウロ」と大書され、イタリア移民の歴史を説明する巨大なパネルが飾られている。どこの州から何人が移住したかを示す図や当時の写真と共に、その当時ベネト県で流行った「アメリカ(大陸)へ行こう」という移民の歌の詞も▼さらに「1880年から1930年までに、ブラジルは200万人ものイタリア移民を受け入れ、兄弟のように扱った。ブラジル人とイタリア人は一緒に、素晴らしいことをやってきた。だからこのイータリーは、一世、二世、三世のイタリア系ブラジル人の皆さんと、受け入れることの価値を教えてくれたブラジル人に捧げる」とポ語とイタリア語で書かれている。これを見て、大半の日系人は「うらやましい」と思うだろう▼CARAS誌サイトの食ブログによれば、イータリーは2004年に企画が立ち上がり、3年間の調査を経て07年にイタリア第2の工業都市トリノに1号店が作られた。19社の高品質な食品製造企業と提携を結び、この企業群が全商品の25%を供給し、残り75%は2千の生産者から集めるのだという。全世界に31店、うちイタリアに15店、日本に9店、米国に2店、ドゥバイに1店、イスタンブール1店、ソウル1店、サンパウロ市1店、ミュンヘン1店もある。世界全体で4千人を雇用し、年商4億ユーロとか▼現段階ではジャパンハウスがどんなものになるか、まったく分からない。だが将来的に民間主導に引き渡して継続させるなら「日本食版のイータリー」にすれば、独立採算が可能な施設になるだろう。かつて「ヤオハン」が進出したことがあったが、残念ながら撤退した。すでに「すき家」などの外食産業が上陸し、店数を増やしている。次は物販ではないか▼日本食を世界に広める使命感、高い志を持った企業が現れないだろうか。そしてイータリーのように移民とブラジルを顕彰するパネルを入り口に飾れば、日系人も感謝して利用するに違いない。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 師走と紅白、クリスマス2019年12月5日 師走と紅白、クリスマス  1日に開催された、ブラジル日本アマチュア歌謡連盟(INB)と藤瀬圭子プロダクション共催の紅白歌合戦の様子が4日付弊紙で報じられた。同日は別のところでも紅白が行われ、赤組勝利の情報が流れており、日系コロニアでは紅白歌合戦は師走を中心とする年中行事の一つなんだと改めて感じ […]
  • 2010年代最高のブラジルのサッカーの試合2019年11月29日 2010年代最高のブラジルのサッカーの試合  23日に行なわれたサッカーのリベルタドーレス杯決勝、フラメンゴ対リーヴェル・プレイト戦にはブラジル中が熱狂した。あの試合からまだ1週間も経っていないが「2010年代のブラジルで最高の試合」。そう呼んでも過言ではない気がする▼少なくとも、コラム子の経験に照らし合わせてみ […]
  • 《ブラジル》財政支出と政治家数を大胆に減らす名案2019年11月26日 《ブラジル》財政支出と政治家数を大胆に減らす名案  「政府支出削減のために政治家を減らす」――11月5日に連邦政府から上院に送られた連邦政府関連の憲法補足法案集(PEC)には、そんな素晴らしい名案が含まれている。  なにかと暴言、名言の多いボウソナロ政権だが、ゲデス経済相が出す法案には、やはりみるべきものがある。 […]
  • 知られてしまった、ふたつの「からくり」2019年11月22日 知られてしまった、ふたつの「からくり」  「勢いがなくなってきているな」。ボウソナロ大統領、ならびにセルジオ・モロ法相に関してそう感じさせる事態が、ここ2週続けて起こっている。それは、11月9日と17日に行なわれた、最高裁に対しての抗議デモ。ルーラ元大統領の釈放につながった、最高裁での「2審有罪後に刑執行か否 […]