ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 戦後初の練習艦隊でサントスへ入港した橋勝雄さんは現在、米国「倫理の会」会長も務めている。ロサンゼルスで庭園業を行いながら、県人会などの集まりでは「羅府らふ亭勝助」の高座名で落語を披露する。今回は当地の同会の招聘で4度目のブラジル来訪だ。取材に同席したブラジル倫理の会の須郷清孝会長は、なんと「65年当時、サントスまで艦隊を歓迎しに行った」と言い、2人とも感激の表情を見せていた。ただの取材のはずが、なんとも不思議な〃再会の場〃となった。
      ◎
 『のうそん』(日伯農村文化振興会、責任者・永田久)第277号が5月に刊行された。表紙の裏には《子どもは親や教師の「いう通り」にならないが、「する通り」になる》という名言が書かれており、のっけから考えさせられる。随筆「一コチア青年の渡伯」(宗徹)では、1956年7月出航のチサダネ号が航海途中に立ち寄ったダーバンで、暴れん坊のS氏とK氏が《寄港している捕鯨船に乗り込んで「俺は銛を打てるんだ」と船首にある鯨を打つ銛を、港にある貨車めがけて「ドカーン」とぶっ放したから、たまらない。お酒のせいか知らないけれど、とうとう警察沙汰になってしまった》という驚きの逸話も。諸川有朋さんの論文『日本人の特質』の転載に加え、最後には小説「香代」(佐々木正二)も。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年2月26日 大耳小耳  24日付け6面でお知らせした、日本の偉人に焦点を当てる広島県人会の講演会。テーマの一つである「村上水軍」についてネットで調べたところ、ミニスカートをはいた(いかがわしい)少女のアニメ画像がチラホラ。荒れ狂う海の上で戦う勇ましい男たちの姿を勝手に想像したのだが、どうやら「村上水 […]
  • 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース2015年12月30日 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース  サンパウロ市カーニバルで巨大立佞武多が華々しく行進したかと思いきや、なんと焼失――。秋篠宮さまご夫妻が恭しくご来伯されたかと思いきや、ジウマ大統領が訪日ドタキャン…。日伯が正式な外交関係を結んでから120年という節目は、思いのほか波乱含みの出来事が起きた。その他、パラナ州やコ […]
  • 鶴賀栄治氏2008年5月15日 鶴賀栄治氏 ニッケイ新聞 2008年5月15日付け  カニカマ製造会社のMGSFOODS社、医療機器を取り扱うDIBMED社の社長を務める鶴賀栄治さんが十三日午後五時頃、ガンのため療養中のサンタクルス病院で死去した。享年七十四歳。 […]
  • 59年8月のあるぜんちな丸=50年目で集まろう!=8月2009年6月13日 59年8月のあるぜんちな丸=50年目で集まろう!=8月 ニッケイ新聞 2009年6月13日付け  一九五九年八月十三日にサントス港へ到着した第四回あるぜんちな丸の同船者会が、八月十六日午前十時よりリベルダーデの群馬県人文化協会会館(サンジョアキン街526)で開かれる。 […]
  • 59年4月のあめりか丸=第39回同船者会、24日に2016年4月13日 59年4月のあめりか丸=第39回同船者会、24日に  1959年4月23日にサントス港へ到着した移民船「あめりか丸」の『第39回同船者会』が、24日午前10時から宮城県人会館(Rua Fagundes, 152, […]