ホーム | 特集 | 2016年移民の日特集号 | 【2016年移民の日特集号】「日本移民の日」を記念して=在サンパウロ日本国総領事 中前隆博

【2016年移民の日特集号】「日本移民の日」を記念して=在サンパウロ日本国総領事 中前隆博

中前隆博在サンパウロ日本国総領事

中前隆博在サンパウロ日本国総領事

 「日本移民の日」を迎えるにあたり、心からお慶び申し上げます。
 昨年6月に着任以来、約一年に亘るサンパウロでの勤務のなかで、ブラジルと日本の間に存在する絆の深さ、ブラジル社会の日系人に対する深い信頼と敬意を強く感じています。ブラジルと日本の友好関係が長年維持されているのは、ひとえに日系社会の皆様方が得られた信頼と敬意によるものと考えます。
 108年前、第一回笠戸丸に乗船した日本人移住者の方々がサントス港に降り立って以来、ブラジル各地において、厳しい環境の中、生活の基盤をつくってこられた先達の御営為は、日系社会の維持と発展のためはもちろんのこと、いつの時代もブラジル社会に大きな影響を与え、ブラジル国民を魅了し続けてきました。
 ブラジルの食卓を豊かにした農作物、あるいは、礼儀や躾の日本的作法を有する武道などのブラジル社会への普及は日伯友好の証であります。
 昨年の日本ブラジル外交関係樹立120周年の祝祭もこの礎の上に行われたものであり、数多くの記念行事を通じて、政治・経済・文化・スポーツの各分野で皆様方の御尽力が思い起こされました。特に、秋篠宮同妃両殿下がブラジル御訪問され、各地において日系社会の皆様、ブラジルの官民の方々と友好親善を深められたことは、まことに意義深いものでありました。
 本年は南米大陸で初となるオリンピック・パラリンピック夏季大会がリオ・デ・ジャネイロで開催され、次回は2020年に東京で開催されることから、今回のオリンピック・パラリンピックを機に、スポーツを通じた両国交流の一層の促進が期待されています。
 また、2017年3月には、サンパウロにジャパン・ハウスの開設が予定されており、さらなる日伯友好の絆が強まることが期待されています。私共も、両国のさらなる相互理解が深化されることを目指して、日系社会の皆様方と一体となって取り組んでいきたいと思っております。
 結びに、改めて先人のご遺徳を偲び、皆様方お一人おひとりのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げると共に、日系社会の益々のご発展を願い、ご挨拶とさせていただきます。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 【2016年移民の日特集号】「日本移民の日」を祝して=外務大臣 岸田文雄2016年6月20日 【2016年移民の日特集号】「日本移民の日」を祝して=外務大臣 岸田文雄  本日、ブラジルにおいて「日本移民の日」を迎えるに当たり、ブラジルで生活をされている日本人移住者、日系人の皆様に心からお祝いを申し上げます。 はじめに、先般発生した熊本地震の被災者の方々に対して、日系社会を中心にブラジル国内で支援活動が行われていると伺いました。これまでも日本が […]
  • 旧サントス日本人学校全面返還=連邦政府が名義変更に署名=百周年で落成、110周年で地権=平和への誓い新たに2018年6月23日 旧サントス日本人学校全面返還=連邦政府が名義変更に署名=百周年で落成、110周年で地権=平和への誓い新たに  サントスに第一回移民船「笠戸丸」が着港してから110年を迎えた「移民の日」の6月18日、戦争で敵性国資産として凍結接収された旧サントス日本人学校の全面返還を求める70年越しの祈願が結実し、建物の名義変更署名式が行われ、コロニアに正式返還された。長年運動を支えてきた関係 […]
  • 移民の日=異例! 文協仏式法要に約1千人=大講堂埋め先駆者に焼香イビラプエラ公園も150人参列2018年6月20日 移民の日=異例! 文協仏式法要に約1千人=大講堂埋め先駆者に焼香イビラプエラ公園も150人参列  最初の移民船「笠戸丸」がサントスに着港してから110年――6月18日の「移民の日」の前日の17日、「開拓先亡者追悼法要」がイビラプエラ公園及び文協大講堂で行われた。ともに例年を遥かに上回る参列者が出席。特に文協大講堂の法要は節目に相応しく〃異例〃の1千人近くが参列、次 […]