ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 22日、最高裁でエドゥアルド・クーニャ下院議長に対するスイスの秘密口座所有疑惑に関する起訴状の審理と投票が行われ、賛成多数で同議長が同件でも被告になることが決まった。しかも投票結果は11対0。5月初旬に決まった議長停職処分のとき同様、誰一人味方となってもらえなかった。これで同議長は、年頭に500万ドルの収賄疑惑を問われたのに続き、2件目の裁判の被告となった。現在、下院で審議されている同議長の罷免問題は秘密口座所有の虚偽報告がきっかけだけに、本会議での投票前に苦境に立たされることになった。罷免されれば、収賄容疑の妻と共にパラナ州地裁のモロ判事での裁判か。
     ◎
 22日、聖市議会で聖市名物高架橋「ミニョコン」の正式名称を「ジョアン・グラール高架橋」に改める法案の2度目の投票が行われ、賛成多数で可決された。現在の同高架橋の正式名称は「コスタ・エ・シウヴァ高架橋」で、軍事政権真っ只中の大統領の名前に由来しているが、それが軍政前最後の大統領の名前に変わるのだから、劇的な変化だ。グラール大統領は「ジャンゴ」の愛称で知られていただけに、ミニョコンの呼び名もジャンゴに変わるかも。
     ◎
 22日のサッカーの全国選手権、コリンチャンスは敵地ベロ・オリゾンテでのアトレチコ・ミネイロ戦を1―2で落とし、クリストヴォン新監督の初陣を飾れなかった。この試合、相手ディフェンダーがペナルティ・エリア内でハンドの反則を犯したのに、審判がファウルを取らず、PKが得られなかった不運にも泣いた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年5月23日 東西南北  20日夜から21日夜までかけて行われた、今年のサンパウロ市ヴィラーダ・クルツラルは、雨にも祟られ、閑散とした出足で終わった。ジョアン・ドリア新市長は、主要ステージをこれまでのセントロ集中から、北部のアニェンビー、東部のカルモ公園、南部のインテルラゴスなどに拡散させたが、どこの […]
  • 東西南北2016年12月15日 東西南北  本紙でも報じている通り、PEC55が上院を通過した13日の夕方から夜は、サンパウロ市やブラジリアなどでは大変な騒動となった。反対しているのは左翼系の人たちだが、一部ジャーナリストが、48年前のこの日は、ときの軍事政権が軍政令第5条(IE5)を通過させた日にあたり、あたかも「伯 […]
  • 東西南北2015年12月15日 東西南北  下院が大統領罷免請求を受理し、手続きをはじめた直後だというのに、3、4、8月と比べ、かなり弱い盛り上がりで終わった今回のマニフェスタソン。どうしてこん何盛り上がりが悪かったのか、現在、メディアがいろんな推論を立てているが、左翼側が主張しているのが「実施日が最悪だった」というも […]
  • 東西南北2019年10月18日 東西南北  ボウソナロ一家とPSLとの泥沼の対立がマスコミの話題をさらっている間に、最高裁では17日から、注目の「2審有罪で刑執行か否か」の審理がはじまった。この審理を巡っても早くも緊張感が高まっており、ボウソナロ大統領が大統領官邸に刑執行反対派の判事を招いた他、元陸軍司令官のヴィラス・ […]
  • 東西南北2019年10月16日 東西南北  15日のPSL党首ルシアノ・ビヴァール氏への連警による家宅捜査は、同氏とボウソナロ大統領の仲を決定的に引き裂く原因になりかねない。一部情報によると、大統領長男のフラヴィオ上議、三男のエドゥアルド下議がボウソナロ氏のPSL残留に向けて工作をはじめているなどの報道もあった矢先。政 […]