ホーム | コラム | オーリャ! | ジャパンハウスは何を見せるところなの?

ジャパンハウスは何を見せるところなの?

 ジャパンハウスに対するコロニアの目は実に厳しい。日系社会との意見交換をこれまで2度行なったが、会合には静観する雰囲気が漂う。
 「諸外国の反日感情にはどう対応するのか」「日本独自の最先端技術をどう伝えるのか」。質疑応答では、日系社会側からの日本の外交戦略を憂う声が上がる。
 ジャパンハウスで見せたいものは何なのか。「考え方」ばかり説明されてもピンと来ない。実際、具体像が明らかにされないことには協力のしようもない。
 「むしろ、個人的にはコントラ(対立)だよ」。ある関係者が記者に漏らした。「実際はこんなに冷めているのか」と心底驚いた。でもこれが本音だと思う。
 改修工事をしているのだから、どの部屋を何にどう使うのかは決まっているはず。「手の内を隠す」ということは、言外に「相手を信頼していない」と言っているに等しいのでは。(祐)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ジャパン・ハウス、30日間休館2020年3月18日 ジャパン・ハウス、30日間休館  サンパウロ市パウリスタ大通りにあるジャパン・ハウス(JH、マルセロ・アラウジョ館長)は、サンパウロ州政府の新型コロナウイルス(COVID―19)対策の呼びかけを受け、3月17日(火)から30日間休館とすることを決めた。  サンパウロ市では同様に、美術館や博物館、州立移民史料 […]
  • ジャパンハウス=侘び寂びから箸の使い方まで=オンラインで日本文化発信2020年4月21日 ジャパンハウス=侘び寂びから箸の使い方まで=オンラインで日本文化発信  新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自粛令下でも日本文化を紹介するべく、サンパウロ市のジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)はオンライン上で様々な日本文化を紹介する「#JhspOnline」企画を進めている。  新たに発表された日程は以下の通 […]
  • 「メルコスルは最後の交渉相手」=外交専門家、渡邊頼純教授=ジュンケイラサンパウロ州農務局長も2020年3月25日 「メルコスルは最後の交渉相手」=外交専門家、渡邊頼純教授=ジュンケイラサンパウロ州農務局長も  「世界主要経済圏と経済協定を結んできた日本にとって、メルコスルは最後の重要な交渉相手」――在サンパウロ日本国総領事館(野口泰総領事)とブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)が主催する講演会「日本とラテンアメリカの経済協力関係」が11日夜、サンパウロ市のジャパン・ハ […]
  • 世界の在外邦人が力を合わせたからJRが動いた2017年4月13日 世界の在外邦人が力を合わせたからJRが動いた  昨年11月に在外邦人へのJRパス販売停止が発表された際、取材したコロニアの人々は寂しそうな顔をするか、顔をしかめて怒り出した。『日本から拒絶された』との印象が強かったようだ。  その後、ブラジルをはじめ世界の在外邦人やその家族が反対運動を行い、在京ブラジル大使館や総領事館か […]
  • ジャパンハウスは移民110年に合わせたら?2015年6月27日 ジャパンハウスは移民110年に合わせたら?  ジャパンハウスの行方が心配だ。当初の予定だともう企業が決まり、改装準備が始まっていたはずの時期だからだ。5月の公示に応札した企業はあったが、企画が合格点にいたらず再入札になり、決定は7月まで持ち越しになった。 この大事な時期に在聖総領事館の代表である福嶌教輝、佐野浩明の二 […]