ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 10月のサンパウロ市市長選の世論調査でリードしているが、90年代に下議秘書に自身の会社の従業員を雇っていたとして起訴されているセウソ・ルッソマノ下議(ブラジル共和党・PRB)が、これまでと違う報告を最高裁に行っていたことがわかった。これまでは、「そのような事実はない」の一点張りだったが、7月15日に提出した報告書によると、一転して、件の従業員を秘書として雇ったことを認めているという。だが、それはあくまで「会社の勤務時間外でのこと」としている。同下議の見解では、「これなら法に触れない」そうだが、果たして最高裁の判断は。有罪だと、市長選は見送りとなってしまう。
     ◎
 サンパウロ市で糖尿病治療用のインシュリンが不足し、患者が困っているという。同市セントロ在住の64歳の女性は今年5月以来、毎月注射しなければならないインシュリンを受け取ることが出来ずにいる。この女性によると、この問題を裁判に持ち込み、1月に勝訴したものの、実際に入手できたのは5月のみだった。また、南部の48歳男性は、市の運営する保健所で血中糖分を抑制するための薬が3カ月間手に入らないと、苦情を申し立てている。
     ◎
 リオ五輪の開会式は5日だが、一部の競技はもうはじまっている。昨日の女子サッカーの試合に続き、今日は男子サッカーのグループ予選初戦で、午後4時からのブラジル対南アフリカ共和国戦は、グローボ局が生放送する。ネイマール、ガビゴル、ジェズスの強力フォワード夢の共演は初戦から実現するが、何点取ってくれるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サッカーの移籍市場が終了2017年9月2日 サッカーの移籍市場が終了  欧州サッカー界の夏の移籍市場は8月31日に締切となったが、この締切日に起こった、ブラジルの有力選手の状況を見てみよう。  既にネイマールがバルサからPSGに、パウリーニョが中国の恒州広大からバルサに移籍したことは世界的にも話題となっていた。その他も、フィリペ・コウチ […]
  • サッカーW杯南米予選=カシオとルアンがセレソン入り=磐石なメンバー並ぶ中2017年8月11日 サッカーW杯南米予選=カシオとルアンがセレソン入り=磐石なメンバー並ぶ中  ブラジル・サッカー連盟は10日、8月31日と9月5日に行われるW杯南米予選の対エクアドル、対コロンビア戦に出場予定の23選手を発表した。  選手は以下の通りだ。 <キーパー>アリソン(ASローマ)、エデルソン(マンチェスター・シティ)、カシオ(コリンチャ […]
  • サッカー移籍市場=ブラジル国内の目玉はルアン=移籍のための金額は?2017年6月9日 サッカー移籍市場=ブラジル国内の目玉はルアン=移籍のための金額は?  5月でシーズンも終了し、次のシーズンに向けての移籍市場が動き始めている欧州のサッカー界だが、ブラジルのサッカー界で最も目を付けられている選手はルアン(24、グレミオ)だ。  ルアンと言えば、昨年の8月のリオ五輪で金メダル獲得に貢献した選手だ。ネイマール、ガブリエル・ […]
  • ガビゴルがイタリア・セリエAで初得点=ジェズスと共に期待の「ネイマール2世」2017年2月21日 ガビゴルがイタリア・セリエAで初得点=ジェズスと共に期待の「ネイマール2世」  イタリアの名門、インテル・ミランの〝ガビゴル〟ことガブリエル・バルボーザが19日、イタリア・セリエAでの初得点を対ボローニャ戦で決めた。  ガビゴルは10代にしてサントスのストライカーになるなど、古巣サントスでは「ネイマール2世」として早くから期待され、昨年8月のリオ五輪で […]
  • W杯南米予選=セレソンが快進撃で5連勝=チッチ監督の成功の秘訣は?2016年11月12日 W杯南米予選=セレソンが快進撃で5連勝=チッチ監督の成功の秘訣は?  チッチ新監督のもと、セレソンがW杯南米予選で破竹の5連勝を記録中。11節終了時点で勝ち点27点で首位と、好調を続けている。  それにしても、チッチ氏にバトンタッチされる前と後のセレソンは、全く別のチームのようになっている。チッチ氏が9月に采配を引き受けるまでは、W杯進出 […]