ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 13日に10人の死者を出す無差別テロが起きた、サンパウロ大都市圏スザノ市の州立校プロフェッソール・ラウル・ブラジルが、昨日18日から再開された。この日は原則的に、教職員が「生徒たちをどう迎え入れるべきか」を話し合う日で、生徒の登校は今日からだ。だが、18日も彼らが学校に入ることは許され、そこで激励や慰めに来た人たちから花を受け取ったり、抱きしめあったりする光景が見られた。学校側は授業をいつから本格化させるかを今週決める意向だが、今は、慌てずに生徒の心の傷を癒すべき時だ。ゆっくりと立ち直って、徐々に日常に戻っていくことを祈るばかりだ。

     ◎

 2月8日に10人のサッカー少年たちを犠牲にした、リオ市にあるフラメンゴのトレーニング・センター「ニーニョ・ド・ウルブ」での火災。原因は冷房のショートが有力視されていたが、調査の結果、火災の2日前に既にショートが起こっていたことがわかった。その時も火災が起きかけたが、この時は、叫び声を聞いた従業員がショートに気づき、建物全体の電源を切ることで対処していたという。その時になにか手を講じることはできなかったものか。

     ◎

 16日のサッカーのサンパウロ州選手権第11節、サンパウロ市パカエンブー・スタジアムでのパルメイラス対サンパウロは1―0でパルメイラスが勝利した。これでパルメイラスは決勝トーナメント進出が決まったが、サンパウロは予選D組の2位となり、脱落圏内の3位との勝ち点差はわずか2点。20日夜、一斉に行われる最終節の結果次第で、逆転もありえ、危機一髪状態だ。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年7月18日 東西南北  15日早朝、サンパウロ市西部のパルメイラス・バーラ・フンダ駅で、8歳の男の子と13歳の女の子(兄弟)が、38口径の銃を持って歩いているのが見つかり、警備員に保護されるという事件が起こった。2人は「両親が酔って口論となり、父親が銃床で母親を殴り始めたから」、父の手から銃を取り上 […]
  • 東西南北2019年5月24日 東西南北  サンパウロ市交通局(CET)が発表した最新の資料によると、同市では、2018年の交通事故による死者が、2014年以来、4年ぶりに増加したという。サンパウロ市での交通事故死は14年に1249人を記録して以降、毎年減少し、17年は797人まで落ちていたが、18年は849人に増えた […]
  • 東西南北2019年5月28日 東西南北  26日に行われた親派デモはそれなりに形となり、なんとか面目は保たれたボウソナロ大統領。だが、26日付のフォーリャ紙によると、デモの結果がどうであれ、もう既に、連邦議会でのボウソナロ氏の評価は、「議会との関係を悪化させ、国の統治はできない」と散々で、「大統領権限を小さくさせる」 […]
  • 東西南北2019年4月9日 東西南北  ダッタフォーリャの調査で、大統領就任100日目での支持率が過去の大統領に比べて低いことが明らかになったボウソナロ大統領。こうした支持率の低さは、これに先駆けて行われた他の調査機関の調査でも似た結果が出ていた。だが、大統領本人は意に介さず、「最初の100日間で予定していたことの […]
  • 東西南北2019年5月8日 東西南北  5日未明、サンパウロ市東部アリカンドゥーヴァで、ラファエル・アパレシード・デ・ソウザさん(23)が、親類の家の前で軍警からの発砲を胸に受けて死亡する事件が起きた。ラファエルさんはこの日、親戚の家に行き、シュラスコを行った後に家の前で従兄弟たちと立ち話をしていたが、その際に彼の […]