ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 13日に10人の死者を出す無差別テロが起きた、サンパウロ大都市圏スザノ市の州立校プロフェッソール・ラウル・ブラジルが、昨日18日から再開された。この日は原則的に、教職員が「生徒たちをどう迎え入れるべきか」を話し合う日で、生徒の登校は今日からだ。だが、18日も彼らが学校に入ることは許され、そこで激励や慰めに来た人たちから花を受け取ったり、抱きしめあったりする光景が見られた。学校側は授業をいつから本格化させるかを今週決める意向だが、今は、慌てずに生徒の心の傷を癒すべき時だ。ゆっくりと立ち直って、徐々に日常に戻っていくことを祈るばかりだ。

     ◎

 2月8日に10人のサッカー少年たちを犠牲にした、リオ市にあるフラメンゴのトレーニング・センター「ニーニョ・ド・ウルブ」での火災。原因は冷房のショートが有力視されていたが、調査の結果、火災の2日前に既にショートが起こっていたことがわかった。その時も火災が起きかけたが、この時は、叫び声を聞いた従業員がショートに気づき、建物全体の電源を切ることで対処していたという。その時になにか手を講じることはできなかったものか。

     ◎

 16日のサッカーのサンパウロ州選手権第11節、サンパウロ市パカエンブー・スタジアムでのパルメイラス対サンパウロは1―0でパルメイラスが勝利した。これでパルメイラスは決勝トーナメント進出が決まったが、サンパウロは予選D組の2位となり、脱落圏内の3位との勝ち点差はわずか2点。20日夜、一斉に行われる最終節の結果次第で、逆転もありえ、危機一髪状態だ。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年4月9日 東西南北  ダッタフォーリャの調査で、大統領就任100日目での支持率が過去の大統領に比べて低いことが明らかになったボウソナロ大統領。こうした支持率の低さは、これに先駆けて行われた他の調査機関の調査でも似た結果が出ていた。だが、大統領本人は意に介さず、「最初の100日間で予定していたことの […]
  • 東西南北2019年4月4日 東西南北  3月1日に急逝したルーラ元大統領の孫、アルトゥールちゃん(享年7)の死亡原因が、当初発表された「髄膜炎」によるものではないことが判明した。このことは、アルトゥールちゃんの家族が住んでいるサンパウロ大都市圏サントアンドレ市の市役所が1日に、聖市の医療機関の意見書を正式に発表した […]
  • 東西南北2019年4月5日 東西南北  昨年の大統領選後、ボウソナロ氏が、医療プログラム「マイス・メジコス」に参加する医師の採用基準を見直すと言いはじめ、キューバ人医師が大量に引き上げたため、昨年の12月から今年1月に、7120人のブラジル人医師がその穴を急遽埋めたと報じられた。だが、この3カ月間で、少なくとも10 […]
  • 東西南北2019年3月26日 東西南北  サンパウロ州保安局の最新データによると、乗り物を利用していた際の性犯罪が急増しているという。2018年と2017年では共に241件と動きはなかったが、2008年の66件と比べると、約3・6倍となっている。昨年の場合、最も多かったのが「痴漢」の132件で、51件が強姦行為、38 […]
  • 東西南北2019年4月2日 東西南北  この週末は、3月31日を巡る議論でブラジルの世論が二分された。一方では、ブラジルを代表するベストセラー作家のパウロ・コエーリョが、これまでほとんど公に語って来なかった、軍政下で拷問を受けた過去を告白するなど、軍政時代の新たな証言がメディアに上った。だが、その一方で、そういった […]