ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 29日午前、サンパウロ州ジャルジノーポリスの刑務所で、囚人たちが暴動を起こして放火や破壊行為を働き、約200人が脱獄した。高さ4メートルの柵を倒して、カンジード・ポルチナリ高速道に向かって走って逃げていったという。その後、同日正午までに100人ほどが逮捕された。同刑務所は1080人まで収容可能だが、2倍近い1864人が詰め込まれていた。内部が劣悪な環境だったことは想像に難くない。選挙候補者が次々に殺されるなど、物騒なニュースが飛び交う昨今、それに輪をかけるような事件だ。これが五輪最中でなかったことが、唯一の救いか。
     ◎
 サンパウロ市セントロのセー地区役所は、10月1日にルースヴェルト広場で、サンパウロ市市長選候補のジョアン・ドリア氏、セウソ・ルッソマノ氏、マルタ・スプリシー氏3氏を批判するコンサートを開催することを承認した。これを受け、サンパウロ州検察局は所轄の地裁に対し、「特定の政党に寄ったもの」として、イベントの差し止め命令を求める請求書を出した。同地区役所は政党との関係を否定したが、対象の3人はいずれも世論調査でハダジ市長より上位に行く候補者ばかりだ。
     ◎
 サッカー・ブラジル杯の準々決勝の第1試合が行なわれ、アトレチコ・ミネイロ、サントス、コリンチャンス、グレミオがそれぞれ勝利した。全国選手権首位のパルメイラスはグレミオに敗れた。全国選手権では4位までに入れば来年のリベルタドーレス杯に出場できるが、現在7位のコリンチャンスは、ここで優勝して出場を決めたいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボルソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2018年6月8日 東西南北  7日付アゴラ紙によると、サンパウロ市の苦情受付課が18年4月に受けた苦情の数が過去最高の2824件を記録したという。4月はちょうど、ジョアン・ドリア氏からブルーノ・コーヴァス氏に市長が変わった時期だが、苦情はそうした人事とは関係なく、「樹木の手入れ不備」(309件)を筆頭とし […]
  • 東西南北2017年2月21日 東西南北  17日からサンパウロ市の街中にもカーニバルのブロッコが登場しはじめた。そのブロッコの集まる所として有名な場所のひとつ、西部ピニェイロスのラルゴ・ダ・バタタでは18日昼に、市側の発表で9万人もの人が集まったという。しかも、この日はここ数日の猛暑でもひときわ暑く、最高気温は33・ […]
  • 東西南北2015年8月18日 東西南北  今日のサンパウロ市では、主要な公園にスケートボード(スケボー)の練習場があり、歩行者天国時にスケボーができる通りもあるが、16日付アゴラ紙によると、現在は、50~60歳代のスケーターが若者ばりの格好で練習する姿も珍しくないという。彼らは実は「スケボー第1世代」で、この文化 […]
  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]