ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ジョアン・ドリア氏の当選により、「サンパウロ市は来年以降どうなるのか」の議論が早くもはじまった。7日付アゴラ紙は「ドリア市長就任でなくなりそうな自転車道はどこか」との予想記事を掲載。東部ジャルジン・エレナのアリヴェイラ・フレイレ大通りや、セントロのミニョコン真下の自転車道がなくなる危険性が高いのではと予想している。また同紙は、ドリア氏が公約通り、17年のバス代値上げをしない場合、バス会社への市助成金は10億レアル上がるとし、同じく公約の「保育園の入園待ゼロ」を達成するには1日につき364人分の入園施設作りが必要だという。本当に実行可能か?
     ◎
 2003年の連邦警察の「アナコンダ作戦」の主犯として当時話題になったサンパウロ州地裁の元判事ジョアン・カルロス・ダ・ロシャ・マトス氏が5日から再逮捕されている。裁判所での判決の売買を指揮したとして逮捕され、実刑判決も受けていた同氏。今回の逮捕は、5日に最高裁で投票の行なわれた「2審有罪判決ですぐ刑執行開始」判断に備えたもの。司法関係者の犯罪が、まっさきに適用対象に。まさに「有力者にも刑執行」を地で行く展開となった。
     ◎
 6日のサッカーW杯南米予選で、ブラジルの宿敵アルゼンチンはペルーに2―2でまさかの引き分け。ペルーの2点を決めたのはどちらも、前コリンチャンスで現フラメンゴのパウロ・ゲレーロと、現サンパウロのクエヴァという助っ人外国人ストライカーだった。本人は「母国のためのプレー」のつもりでも、一番喜んだのは実はブラジル国民だったか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年3月30日 東西南北  28日に無事に18年のサッカーW杯出場が決まったセレソン。他の地域よりも予選が長く、参加チームのレベルが高いことで知られる南米予選は10月まで開催されるが、半年以上も余裕を持って出場が内定したのは異例のこと。今回、こんなに早く出場が決まったのは、同夜、ライバルと目されるアルゼ […]
  • 《W杯開幕特集/座談会》セレソン6度目の優勝なるか?=ネイマール復帰戦の調子も上々=チッチ監督の采配にも注目2018年6月16日 《W杯開幕特集/座談会》セレソン6度目の優勝なるか?=ネイマール復帰戦の調子も上々=チッチ監督の采配にも注目  4年に一度のサッカーの祭典FIFAワールドカップが、いよいよ14日に始まった。世界各地域の予選を勝ち抜いた31カ国に開催国のロシアが加わり、7月15日までの一カ月をかけてサッカー世界一を決める。ロシア大会は21回目で、ブラジルは世界で唯一、全ての大会に出場し、世界最多 […]
  • 27日よりリベルタドーレス杯グループリーグ=気になるブラジル7チームの対戦相手は?2018年2月27日 27日よりリベルタドーレス杯グループリーグ=気になるブラジル7チームの対戦相手は?  27日よりサッカーのクラブ南米一の座を争うリベルタドーレス杯のグループ・リーグが行われる。ブラジル勢の対戦カードを見ていこう。 […]
  • 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現2017年12月22日 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現  南米大陸全土を舞台に行われる、サッカークラブチームの大会、リベルタドーレス杯(リベルタ杯)と、スダメリカーナ杯の組み合わせ抽選会が20日にパラグアイの首都アスンシオンで行われた。  二つの大会のステータスを比較すると、リベルタ杯の方が高い。同大会には南米各国のリーグ […]
  • 東西南北2018年5月15日 東西南北  12日にテメル政権が2周年を迎えたが、ダッタフォーリャの統計によると、在任期間中の国民からの人気を200点満点の指数にした場合、テメル氏は、コーロル大統領以降では最も低い、わずか25点だったという。それによると、もっとも高かったのはルーラ政権2期目(2007~10年)だ。ルー […]