ホーム | 連載 | 2016年 | 『百年の水流』開発前線編 第二部=南パラナ寸描=外山 脩(おさむ) | 『百年の水流』開発前線編 第二部=南パラナ寸描=外山 脩(おさむ)=(3)

『百年の水流』開発前線編 第二部=南パラナ寸描=外山 脩(おさむ)=(3)

 マレッタで仲間の4人が去った後、残りの長谷
川武と堀部栄吉は、少し北のカショエイラ川の近くに移動した。そこは地主によると「マレッタの心配はない」ということであった。
 しかし二人だけでは、どうにもならない。伝手を頼って、新しい入植者を探した。やがて安元茂吉・青太兄弟、原甚五郎・美作兄弟が入植した。
 さらに何人かが続いた。殆どが家族連れであった。が、やはりマレッタに、皆、罹病してしまった。
 熱と戦いながら、森の木を伐って薪にし、小舟に積んで川を4時間かけて町まで下った。マタラーゾの製粉工場に運び、燃料として買って貰った。
 それで、なんとか食いつないだ。マレッタを防ぐ工夫もした。
 1918年、長谷川は、やはりこの地域にあったサンタ・オリンピアというファゼンダの支配人に招かれた。農場主は日本人を入れようとしており、その仕事を長谷川に任せた。長谷川は、種々手を尽くし、これに応えた。
 その様にして、邦人の数は徐々に増えて行った。自然、小さなコロニアが生まれた。彼らは籾、豆、玉蜀黍を栽培、豚や馬を飼育した。
 アントニーナの町に出た者もいた。そこで小さな商いをし、空き地で野菜を育てた。
 農業を続けていた人々は、1920年頃から、カナを植えピンガを造り始めた。これが幸い軌道に乗った。安本・原両家が中心であった。


ペルー下りも…

 1932年頃、アントニーナの邦人は約30家族になっていた。
 その中には、なんと、ペルー下りが二人居た。
 ペルーには、日本から多数の移民が渡っていたが、就労先の農場から逃亡者が続出していた。過酷な労働と待遇の悪さに堪えかねて‥‥のことである。
 彼らの一部はアンデスを越え、アマゾンの水路を下って、ブラジル入りした。こうなると、逃亡そのものがドラマであった。「ペルー下り」と通称された。
 二人の名は鎌田正作、東光太郎で、1919年にアントニーナに来た。
 アチコチで働きながら、何年もかけ転々とする内、偶々ここに流れ着いたようだ。何れも家族を持ち、鎌田は野菜を育て、東はピンガをつくっていた。


漁業組合を起業

 やはり1932年頃、アントニーナの西のモレッテス、東のパラナグアにも、合わせて10数家族の邦人が居た。モレッテスの場合はアントニーナへの入植者が、新しい土地を求めて移り住んだ。
 パラナグアにも、そういう邦人が居たが、ほかに外部から直接入ったケ―スがあった。ここに、初めて日本人が現れたのは1916年というから、かなり古い。長谷川たちのアントニーナ入りと同年である。永山吉左衛門、田中定之助の二人で、笠戸丸移民、鹿児島県人であった。
 アルゼンチンに行く途中であったという。サントスから船で南下中、何かの都合で下船したのであろう。
 永山は土地の非日系の女性と結婚したが、妻子を残して病死した。田中は、アルゼンチンへ向かった。
 1931年、清水安次郎と今給黎(イマクレ)矢市が、ここで漁業組合を起こした。清水は1912年の渡航で愛媛県人、今給黎は笠戸丸移民、鹿児島県人であった。二人はサントスで漁師をしていたというから、パラナグア湾の魚に目をつけて来たのであろう。
 二人が創った組合は「組合員36名、従業員120名」と一資料にある。殆どが非日系であった筈である。
 製氷工場や冷蔵庫を備え、日々3~4㌧の魚をクリチーバとサンパウロの市場に出荷していた。
 当時としては、大変な起業であった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2008年6月20日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=独断と偏見で選ぶ=後世に残したい『コロニア文化遺産』 ニッケイ新聞 2008年6月20日付け  第一回移民船笠戸丸がサントスに到着して百年。ブラジル日系社会(コロニア)は新世紀を迎えた。益々ブラジルへの同化が進んでゆく今だからこそ、何を残すべきかを考えたい。戦前・戦後の移民二十五万人、そしてその子孫らによる一世紀にわたる生活 […]
  • 20世紀-コロニアの20人2000年1月1日 20世紀-コロニアの20人  日本人の海外発展史にあって、二十世紀はブラジル移住の世紀でもあった。移民前史からのほぼ百年をかけて二十五万人余が移住。扶植された子孫は百四十万人におよび、海外最大の日系集団地を築き上げた。この間、コロニアは各分野に多くのパイオニア、指導者を得て、裾野の広い活動を営んでくる […]
  • ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ2018年8月14日 ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ  1908年に第1回移民船「笠戸丸」がサントスに着港し、沖縄県移民325人がブラジルの地を踏んでから110年――約190万人と言われるブラジル日系人のうち約1割を占め、その規模を遥かに上回る存在感を持つ沖縄系コミュニティ。その中核組織、ブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長) […]
  • 海岸山脈はどうやって生まれたのか2017年3月7日 海岸山脈はどうやって生まれたのか […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=862015年5月26日 パナマを越えて=本間剛夫=86  農業担当官はブラジルに駐在したことがあり、私が戦後二度目の旅行の際、サンパウロで日本人移住者の候補地選定に動向した間柄だったことを知って親しみが湧いた。彼はボリビアの底地ジャングルに新設されたサンファン移住地の農業指導者として駐在しているのだといった。 食卓を囲みながら、 […]