ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 10月30日で今回の統一市長選は終了し、PTが大惨敗、テメル連立政権が圧勝、PSDBが大躍進という結果になったが、棄権者と無効票、白票が過去最多の32・5%に達したことも見逃せない。棄権者は有権者の21・6%の710万人。白票は投票数の4・28%、無効票も12・41%で、全投票者の16・7%がどの候補も支持しないと表明した。リオ市では、棄権が26・9%だった上、白票4・2%、無効票15・9%(計20・1%)で、5人のうち1人が実質的な投票拒否となる。それだけ、国民の政治不信が強かったということか。18年選挙では不信感が少しでも拭えれば良いが。
     ◎
 10月30日が統一市長選の決選投票であったため、通常の1日前倒しで土曜に行われたサッカーの全国選手権。首位のパルメイラスは4位のサントスと敵地で戦い、0―1で敗れた。これにより、パルメイラスが同選手権で続けていた15戦連続負けなしが途切れてしまった。エース、ガブリエル・ジェズスの7試合連続ノー・ゴールが響いた。幸い、2位フラメンゴや3位アトレチコ・ミネイロの引き分けでリードに余裕はある。
     ◎
 10月のカンタレイラ水系への降水量は175・3ミリで、同月としては過去10年間で最も雨が降った。現在の水位は未開水域込みで72・4%で、昨年の今頃は未開水域(29・2%)にも手をつけて、16%のみだったことを考えるとかなり回復した。現時点では他水系の水位も危機を叫ぶほどではないが、欲を言えばアウト・チエテの39・4%がもう少し増えるとより安心か。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年11月7日 東西南北  10月25日にゴイアス州ゴイアニアの私立校で起きた、14歳の生徒がいじめの仕返しで同級生2人を殺害した事件はまだ記憶に新しいが、6日朝、また同州の学校で生徒が射殺される惨事が起きた。現場は同州アレシャニアの州立校で、ラファエラ・ノヴィンスキさん(16)が、午前8時15分頃、教 […]
  • 東西南北2016年9月27日 東西南北  ついにPTの大物アントニオ・パロッシ氏にまで逮捕が及んだ26日のラヴァ・ジャット作戦。その前日の25日、アレッシャンドレ・モラエス法相(民主社会党・PSDB)はサンパウロ州リベイロン・プレットで行なわれた社会団体「ブラジル自由運動(MBL)」の会合で、居合わせたエスタード紙記 […]
  • 《ブラジル》大統領選=左翼でも連立模索の動き=4党の幹部が会合開く=マリーナはPVと連立か=地方選などでも協力へ2018年8月2日 《ブラジル》大統領選=左翼でも連立模索の動き=4党の幹部が会合開く=マリーナはPVと連立か=地方選などでも協力へ  大統領選に向け、これまでまとまっていなかった左翼政党が協力体制を見せはじめた。また、これまでは具体的な動きの見えなかったマリーナ・シウヴァ氏(REDE)も、連立に向けて動きはじめている。1日付現地紙が報じている。  大統領選では各政党が候補を出しているためにまとまり […]
  • 東西南北2018年4月25日 東西南北  ダッタフォーリャが行った調査によると、ルーラ元大統領が逮捕された現在においても、労働者党(PT)が国民に最も人気のある政党で、支持率が20%あることがわかったという。PTは1999年以来、国内で最も支持されている政党だ。ジウマ前大統領の罷免騒動の際はその人気が9%に落ち込んで […]
  • 東西南北2018年4月7日 東西南北  5日夜、ルーラ元大統領への逮捕命令が出たことで、ブラジルは6日にかけて騒然となった。ブラジルが未曾有の好景気に沸いたルーラ政権下に、このような事態を想像した人がいただろうか。労働者党(PT)はルーラ氏の逮捕に関して、「ガンジーを捕まえるようなものだ」とまで言い切り、同氏が大統 […]