ホーム | 連載 | 2016年 | 『百年の水流』開発前線編 第二部=南パラナ寸描=外山 脩(おさむ) | 『百年の水流』開発前線編 第二部=南パラナ寸描=外山 脩(おさむ)=(11)

『百年の水流』開発前線編 第二部=南パラナ寸描=外山 脩(おさむ)=(11)

婚約者から逃げて来た男

 1909年には、もう一人の日本人がクリチーバ入りした。AYUMIによると、シンキチ・アリカワという名で、「婚約者から逃げてきた」と言っていたという。
 笠戸丸の2年前、1906年、隈部三郎一家と日本から来た7人の青年の一人、有川新吉だった。
 隈部は、改めて紹介する必要もあるまいが、元は鹿児島県の判事であった。職を辞して弁護士をしていた時、ブラジル渡航を決意、妻子6人を伴い敢行した。その時、一家の意気に刺激された右の青年たちが、この計画に加わった。
 1907年、隈部一家、有川ら青年3人が、リオ州マカエに入植した。
 皇国殖民会社の社長水野龍が、州政府と交渉、植民地を建設する事にした土地だった。水野が隈部たちを入植させたのである。しかし開拓に適した土地ではなかった。
 青年たちは次々逃げ出し、残された隈部一家は窮迫した。
 つまり彼らも、水野の粗放さに踊らされた口であった。
 鈴木南樹著『埋もれ行く拓人の足跡』によると、この入植の折、隈部の長女と有川が婚約している。
 有川は、入植地と婚約者の両方から逃げ出したことになる。その後、鉄道建設工事に日本移民を斡旋していたというから、前出の松岡、坂本と関わりがあってクリチーバに来た‥‥のかもしれない。
 翌1910年5月、サンパウロ(市)から二人の日本人が来た。ところが、有川は顔を合わせぬ
様にしていた。二人を通じて、自分がここに居ることが婚約者側に伝わると「追っ手がかかる」と恐れていたという。
 これは、事実だったかどうか‥‥。言葉に、別の意味を込めたケレンが臭う。
 その後の有川は、日本移民史から消えている。
 パイオニアの割には、大した男ではなかったのだろう。隈部の長女は別の日本人と結婚した。相手は、日本移民史に関する資料類には、名前や写真が、よく出ている。相当の人物であったようだ。
 有川が逃げ出してくれ、長女は却って良かったであろう。
 話は変わるが、そのサンパウロから来た二人というのは、上塚周平と後藤武雄であった。上塚は皇国殖民会社の社員で、2年前、社長の水野と笠戸丸移民を率いてきた。
 後藤は4年前、サンパウロ市内の中心街に店を出した藤崎商会(仙台)の店員であった。
 上塚は、笠戸丸移民の配耕地で起きた騒動の後始末で、惨憺たる思いをした後──途中経過は略すが──独自の植民地を造ろうと、土地探しをしていた。後藤は、多分、その協力をしていたのであろう。
 二人は、クリチーバで州統領と会った。その時、先方から土地払下げの話が出た。が、結局、上塚は必要経費を調達できなかった。(州統領=後の知事に相当)
 1911年、一人の行商人がやってきた。村崎豊重といって、鞄に小間物を詰めていた。これも笠戸丸移民であった。
 その2、3年後、安田良一という青年が、同じく行商に現れた。彼も有川新吉と同じく、隈部一家とマカエ入りした一人だった。この頃は、遠く北のアラゴアス州で商売をしていた。が、上手く行かず、売れ残りの商品を売りながら、クリチーバまで旅をしてきた。
 有川と連絡があってのことであったかどうか‥‥は判らない。
 右の上塚以下も──後藤を除き──水野龍の粗放さの被害者だった。
 1915年、千葉県人某がリオからきて、市内に竹細工の店を開いた。東京外語出だったという。
 日本人の従業員2人が働いていた。が、店は不調で1年ほどで閉めた。
 同年、脱走船員の福岡県人某が流れて来た。英国航路の船で働きながら航海、ブラジルの何処かに寄港した時、逃げ出したという。ミナスのウベラーバで米作りをして失敗、ほかにも色々あったが、結局クリチーバへ‥‥ということであったようだ。市内の風袋会社で働き、ブラジル人の女中と一緒になった。
 1922年、またもサンパウロ州から歩いて来た男が二人いた。ソロカバナ線ボイトゥーバから線路沿いに旅をしてきた。
 直線距離でも300㌔はある。夜は人家や学校、警察に泊めて貰い、警察では留置場に寝た。野宿をしたことも‥‥。一カ月目に着いた。
 1923年、クリチーバには、日本人が7人居て野菜づくりをしていた。殆どが独身青年であった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 明治のどの部分からブラジル移住は始まったか2018年4月10日 明治のどの部分からブラジル移住は始まったか  「明治維新150周年」が日本で盛大に祝われようとしている。明治のどんな部分からブラジル移民が始まったのかを解き明かしたいコラム子にとっては、少々関心がある行事だ。  というのも「なぜ日本で殖民事業を開始した榎本武揚や“ブラジルの吉田松陰”大武和三郎は旧幕臣で、水野龍 […]
  • 20世紀-コロニアの20人2000年1月1日 20世紀-コロニアの20人  日本人の海外発展史にあって、二十世紀はブラジル移住の世紀でもあった。移民前史からのほぼ百年をかけて二十五万人余が移住。扶植された子孫は百四十万人におよび、海外最大の日系集団地を築き上げた。この間、コロニアは各分野に多くのパイオニア、指導者を得て、裾野の広い活動を営んでくる […]
  • 【論説】移住とはなんだったのか=百年の歴史を振り返る=ニッケイ新聞 主筆 石塚大陸2008年7月5日 【論説】移住とはなんだったのか=百年の歴史を振り返る=ニッケイ新聞 主筆 石塚大陸 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け  先の6月18日は「移民の日」。今から100年前のこの日、781名の移民を乗せた笠戸丸は、サントスの14号埠頭に接岸し、ブラジル移民の第一陣となって大きな花を咲かせる礎となる。4月28日に神戸を出港しシンガポールから喜望峰を回って大西 […]
  • 上塚周平記念公園での記念撮影2015年7月8日 〃移民の父〃の遺徳偲ぶ=上塚周平80回忌法要=120人が墓参、焼香=「葬式の時は道路が渋滞に」  「ブラジル移民の父」上塚周平(1876―1935、熊本県)は1935年7月6日、プロミッソン(当時、第一上塚植民地)の地に眠った。今月5日、同市で『上塚周平80回忌法要』が行われ、ノロエステ沿線から彼を慕う多くの人が集まった。また在聖日本国総領事館の中前隆博総領事にとって […]