fbpx
ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 アメリカ大統領選のドナルド・トランプ氏当選はブラジルでも大きな話題を呼んでいる。公式な声明を発表したのは芸能人や政治家が多いが、元来が左翼寄りの芸能人たちからは今後を不安がる声が聞かれ、今年、政権を追われた労働者党の政治家たちからも、世界的な右傾化を不安視する声が漏れていた。ただ、軍政を体験し、人種差別の禁止が憲法に定められている国柄でもあり、政治家でも中道から右寄りの人たちは、人種問題などの過激発言で知られる同氏への言及は避ける傾向にあった。そんな中、ジャイール・ボルソナロ下議は大喜びし、「18年はブラジルもこれに続く」と自身の出馬をほのめかしながら語っていた。
     ◎
 8日昼過ぎ、リオ州議会に、市警や軍警を含む、現役、退役の公務員数百人が押し寄せ、本会議場を占拠した。これは、フェルナンド・ペゾン同州知事が4日に出した、公務員給からの社会福祉費徴収額を30%に引き上げたり、一部の福祉プログラムを廃止したりする案に対する抗議行動だ。抗議行動参加者らは、反対を唱えるだけではなく、副議長の執務室を破壊するなどの暴力行為に及び、議会を夕方まで占拠した。暴力はほどほどにしてほしいが。
     ◎
 今日10日、サッカーW杯南米予選第11節で、セレソンが宿敵アルゼンチンとベロ・オリゾンテで対戦する。4連勝中で首位に立つセレソンは、ここ最近と同じメンバーで、現在6位と調子の出ないアルゼンチンを迎え撃つ。勢いとホーム開催の利を活かしたいところだ。この試合は21時45分からグローボ局が生中継する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]
  • 東西南北2019年12月10日 東西南北  本日付で報じたボルソナロ大統領に関する世論調査は、6日付ヴェージャ誌でも行っている。それによると、2022年の大統領選でのボルソナロ氏は、「ルーラ元大統領やセルジオ・モロ法相が出馬してこない限りは再選」との結果を得ている。だが、その一方で、国民の40%が「ブラジルでは民主主義 […]
  • 東西南北2019年10月29日 東西南北  このところ、南米で新自由主義経済に対する左派集団の逆襲が目立つ。27日の選挙でもそれは明らかだった。アルゼンチンでは大統領に当選したフェルナンデス氏の陣営が手でLの字を作ってルーラ元大統領の釈放を求め、かねてから舌戦を交わしていたボルソナロ大統領を挑発した。また、コロンビアの […]
  • 東西南北2019年9月14日 東西南北  エスピリトサント州で「殺人犯を殺した人には1万レアルの褒美を」と発言して物議をかもした州議員がいる。この人物は退役軍警のカピタン・アスンソン州議で、ボルソナロ大統領と同じ、民主社会党(PSL)の所属だ。同州議は、州内で起きた35歳の女性が4歳の子供の前で射殺された事件に憤慨し […]
  • コパ・アメリカ=ネイマール不在で新星が台頭=世界も「リトル・オニオン」と注目のエーヴェルトン2019年7月2日 コパ・アメリカ=ネイマール不在で新星が台頭=世界も「リトル・オニオン」と注目のエーヴェルトン  サッカーのコパ・アメリカは2日に準決勝を迎えるが、「この大会で最も飛躍した選手」として、ネイマール不在の穴を埋める活躍を見せているブラジル代表のエーヴェルトン(グレミオ、23)の名前を挙げるメディアが目立っている。  エーヴェルトンは18年のW杯終了後、チッチ新体制 […]