ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 11月29日以来、悲劇に見舞われたシャペコエンセに対する全世界のサッカー関係者からの激励は止まらない。11月30日もレアル・マドリッドがチーム一丸となって追悼を表した他、ウルグアイのストライカー、カバーニはPSGの試合中にユニフォームを脱ぎ、アンダーシャツに書いた「フエルサ(がんばれ)、シャペ」の手書きのメッセージを披露。マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、シャペの故カイオ・ジュニオール監督が、モウリーニョ氏の故郷ポルトガルのクラブでプレーし、評判の選手だったと語った上で哀悼の意を示した。サッカーの国際的連帯感の強さがうれしい。
     ◎
 その一方、国民がシャペコエンセのショックで悲しみに暮れている隙に強引に、「汚職防止法」の修正法案を通過させた下院と、間髪を置かずに本会議でいきなり投票させようとした上院。この法案に激怒している連警ラヴァ・ジャット・チームや最高裁は言うまでもなく、国民の目線の先を利用して、自分たちの立場だけを利己的に守ろうとした議員たちに対する国民の怒りと不信感はもっと怖いはず。テメル大統領の責任ある対応が問われるところだ。
     ◎
 サンパウロ州のカンタレイラ、アウト・チエテ両水系では共に、11月の月間降水量が2カ月連続で月間平均降水量を超えた。予報だと、12月上旬はサンパウロ州を含め、ブラジルのほとんどの地域でかなりの雨が降ると見られているようだ。12月に雨量が増えるのは毎年おなじみのことだが、今は時期が時期だけにシャペコエンセの涙雨にも思える。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]
  • 東西南北2018年8月14日 東西南北  このところ、サンパウロ大都市圏内では、携帯電話を目当てにした、青少年に対する強盗殺人が相次ぎ、問題となっている。9日夜にはサントアンドレで、通学途中のパウラ・デ・フレイタス・シウヴァさん(18)が、近づいて来た強盗に携帯を差し出したにもかかわらず、胸を撃たれ、死亡した。翌10 […]
  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?2017年12月29日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?  2018年は大統領選挙の年――。独断と偏見による激論で、ブラジル社会翻訳面記者と編集長が紙上座談会でズバリ勝敗を占った。ラヴァ・ジャット作戦が進展する中で、2015年末にはジウマ大統領の罷免審議がエドゥアルド・クーニャ下院議長(当時)によって始められ、2016年8月には罷免が […]
  • 東西南北2017年4月19日 東西南北  オデブレヒトのデラソンによる、大物政治家たちがラヴァ・ジャットに関与していたとの報道が続々と流れて世間をにぎわせる中、元下院議長で現在逮捕中のエドゥアルド・クーニャ被告や元財相、官房長官のアントニオ・パロッシ被告もデラソンに応じる構えを見せている。クーニャ氏は既に、「テメル大 […]
  • 東西南北2017年1月19日 東西南北  17日、サンパウロ州サントスで、電気技師のジョルジュ・アラウージョ・ダ・シウヴァさんが、火災にあったアパートから、6歳から12歳までの少女4人を救出し、一躍ヒーローとなった。ジョルジュさんは同日午前10時30分頃、仕事に向かう途中で、あるアパートから煙が出ているのを見かけた。 […]