ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 日本のサッカーチームが世界大会で躍動している。開催国代表として出場する鹿島アントラーズが、世界一を決めるクラブW杯で決勝に進出した。準決勝で南米王者アトレチコ・ナシオナル(コロンビア)を下す快挙に、著名OBも祝福。ジーコ氏はインスタグラムで「決勝進出へスペクタクル(躍動的)な勝利」と称え、レオナルド氏もフェイスブックで「ガンバリマショウ」とエール。世界的に著名な諸先輩の期待に応えられるか。欧州王者レアル・マドリードとの決勝は、ブラジリア時間の日曜18日朝8時半にキックオフ。グローボTV局とSporTVが生中継するとか(あくまで予定)。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》ワクチン接種完了に4年かかる?!=高所得国で打たない分回して=世界で圧倒的に不平等な配分2021年2月23日 《記者コラム》ワクチン接種完了に4年かかる?!=高所得国で打たない分回して=世界で圧倒的に不平等な配分 保健相「年末までに全国民に接種する」  バズエロ保健相は上院の公聴会で11日、「ワクチン可能な国民の50%を6月までに、残りは年末までに接種したい」と大見得を切ったのを聞き、耳を疑った。  どういう計算をしたら、そんなことが言えるのか。「どうせ分らないだろう」と国民 […]
  • 東西南北2020年10月9日 東西南北  春先とは思えないほどの猛暑で、とうとう「カロロン」と呼ばれ始めたここ数日の暑さ。7日はサンパウロ市で今年最も暑く、観測史上2番目となる37・3度を記録した。州内をみると最高気温が40度を超えたところが続出で、最も暑かったリンスは同州観測史上初の43・5度を記録した。そのほか、 […]
  • 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に2020年9月3日 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に  コリンチャンスのホームスタジアム、通称「イタケロン」が、2040年までの20年間「ネオ・キミカ・アレーナ」と呼ばれる事になった。サンパウロ市東部にあり、2014年W杯の開会式と開幕戦にも使われた。  コリンチャンスは1日に創立110周年を迎えたサッカーの名門チーム。 […]
  • 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲2020年7月17日 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲  保健省による16日晩発表で、新型コロナウイルスの感染者数が200万人を超えた。1日の感染者数は4万5403人(計201万2151人)、死亡者数は1322人(計7万6688人)となり、依然として米国についで世界2位だ。現在に至るまでの2カ月間、正式な保健大臣は任命されず […]
  • CBF=代表スタッフに休暇を検討=コロナ禍で試合日程白紙2020年4月2日 CBF=代表スタッフに休暇を検討=コロナ禍で試合日程白紙  新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)が世界中で大流行しており、ほとんどのスポーツイベントは開催できなくなっている中、ブラジルサッカー連盟(CBF)が、男子代表、女子代表、男女の各世代別代表の各々について、監督やコーチングスタッフに臨時の休暇を与えることを検討している。 […]