ホーム | コラム | 樹海 | 【ブラジルの刑務所暴動】「イスラム国」と同じ(?)ような首切り映像公開

【ブラジルの刑務所暴動】「イスラム国」と同じ(?)ような首切り映像公開

暴動中の刑務所で携帯を使って撮影され、公開された写真の一枚

暴動中の刑務所で携帯を使って撮影され、公開された写真の一枚

 10年余り前、まだサンバチームで打楽器を叩いていた頃、カーニバル前になると夜通し行われるバイロ(地区)のフェスタにバテリア(打楽器隊)の一員として招待され、時々、演奏していた。あるとき、サンパウロ市モッカ区の公道を通行止めにして舞台を作り、本格的な音響機材をそろえた深夜のフェスタに出た▼演奏前の待合室にはフルーツやサウガードが用意されて食べ放題。チームのメンバーが口々に言っていたのは「今回のフェスタはPCCがパトロシナ(資金提供)しているから、待遇が良い」という言葉。舞台に立つと、深夜にも関わらず、数えきれないほどの若者の熱気でムンムンしていた

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、聖市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 惨事や人ごみを悪用する輩達2019年3月7日 惨事や人ごみを悪用する輩達  サンパウロ市やリオ市でのスペシャルグループのサンバパレードは終わっても、ブロッコと呼ばれる集団による路上でのパレードはまだまだ続く▼「灰の水曜日」の6日にサルバドールで「アラスタン」と聞いた時、一瞬、根こそぎ強盗発生かと思ってしまったのは、ブロッコに参加した人達が軒並 […]
  • 《ブラジル》日系出版界の縁の下の力持ちが初めて自分の本2017年12月6日 《ブラジル》日系出版界の縁の下の力持ちが初めて自分の本  「画文集を出すなんて、初めてで最後だな」と謙遜しながら、恥ずかしそうにほほ笑むのは田中慎二さん(82、福岡県)。この『アンデスの風』(146頁)は、1950年代のスケッチから新聞の風刺画、本の表紙やイラスト、最近のアクリル画まで200点以上が網羅された「作品で見る自伝 […]
  • 日本祭りの裏方のみなさん「お疲れさま!」2016年7月12日 日本祭りの裏方のみなさん「お疲れさま!」  「お疲れさま!」――県連日本祭りの裏方を務めたみなさんに、今年も心からそう言いたい。県連役員はもちろん、各県人会や婦人会、青年部、そして出展者、ボランティアのみなさんにだ。数千人が準備に関わり、1年がかりで積み重ねた打ち合わせ、会議、連絡の成果が、この3日間に花開いた▼同じ会 […]
  • 「O japonês da Federal」(連邦警察のあのジャポネース)2015年12月23日 「O japonês da Federal」(連邦警察のあのジャポネース)  「O japonês da […]