ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 17日からサンパウロ市の街中にもカーニバルのブロッコが登場しはじめた。そのブロッコの集まる所として有名な場所のひとつ、西部ピニェイロスのラルゴ・ダ・バタタでは18日昼に、市側の発表で9万人もの人が集まったという。しかも、この日はここ数日の猛暑でもひときわ暑く、最高気温は33・4度に達した。同地では人がごった返して、一時はバスも満足に走れなくなるほどの賑わいだったという。この勢いを、24日夜から始まる北部アニェンビのサンボードロモでのSPグループのパレードまでつなげたいところだ。このところ、熱帯高気圧到来で雨も降らず快晴が続くが、その日まで続くか。
     ◎
 サンパウロ市が発表したところによると、17年1月に市が回収したゴミの量は7732トンだったという。これは、フェルナンド・ハダジ前市長が政権をとっていた昨年1月の8千トンに比べ、3・4%減っている。市は、ジョアン・ドリア市長がこの月から打ち出した清掃政策「シダーデ・リンパ」が早速功を奏し始めている、と喜んでいる。この政策には、ダッタフォーリャの世論調査でも市民の6割が好感を示している。カーニバルの2月はどうなるか?
     ◎
 18、19日のサッカーのサンパウロ州選手権、コリンチャンスとパルメイラスは順調に勝利したが、サンパウロは巨額の契約金で入団したアルゼンチン代表フォワード、ルーカス・プラットが早速得点したものの引き分け。サントスは4節目にして早くも2敗目を喫した。22日の第5節では、コリンチャンスとパルメイラスのクラシコ実現。盛り上がりそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる2019年12月19日 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる  来年3月から始まるカタールW杯南米地区予選の対戦順と、クラブチーム南米王者の座を争う、来年のリベルタドーレス杯の組み合わせの抽選が17日に行われた。  2022年にカタールで行われるW杯の南米出場枠は4・5で、南米サッカー連盟加盟10カ国がホーム・アンド・アウェー方 […]
  • 《ブラジルサッカー》リーグ戦折り返しで首位はフラメンゴ=サントスとの首位決戦を制す2019年9月17日 《ブラジルサッカー》リーグ戦折り返しで首位はフラメンゴ=サントスとの首位決戦を制す  14、15日にかけてサッカーブラジル全国選手権1部リーグ第19節の10試合が行われた。  全38節の折り返しとなる第19節で、もっとも注目されたのは1位フラメンゴと、2位サントスFCの直接対決だ。  マラカナン競技場に6万8千人を超える大観衆を集めたこの試合は、フ […]
  • 《ブラジルサッカー》代表の親善試合期間中に3連戦=主力3人を欠くサントスはピンチ2019年3月20日 《ブラジルサッカー》代表の親善試合期間中に3連戦=主力3人を欠くサントスはピンチ  3月下旬の国際マッチデーウィークは、世界中の代表チームが一斉に親善試合を行う。  ブラジル代表は3月23日にパナマ戦(ポルトガル、ポルト)、26日にチェコ戦(チェコ、プラハ)の2試合を戦う。  6月にコパアメリカを控えている南米諸国は全て、大会前の貴重な機会として […]
  • 東西南北2019年3月12日 東西南北  「ブラジルはカーニバルが終わらないと年がはじまらない」とは、昔からよく言われているが、今年のサンパウロ州議会は、15日にようやくスタートする。今年からはじまる同州議会では、ジョアン・ドリア州知事の民主社会党(PSDB)が19人から8人へと大きく議席を落とし、ボウソナロ大統領の […]
  • フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える2019年1月11日 フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える  今年のブラジルサッカーマーケットは、いつになく高額の引き抜きが発生している。  サンパウロFCが同じブラジル国内のチーム、アトレチコ・パラナエンセからFWパブロを2660万レアルの移籍金で獲得し、パルメイラスも、エジプトのピラミッドFCからFWカルロス・エドゥアルド […]