ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=娘虐待の母に48年の刑=母さんと呼んでも叩かれ4年

サンパウロ市=娘虐待の母に48年の刑=母さんと呼んでも叩かれ4年

 16年12月、サンパウロ市西部ブタンタン区にある家庭裁判所のタチアネ・モレイラ・リマ判事の部屋は、10歳のM.J.ちゃんのための風船などで、あたかも遊具場のようになった。
 2日付エスタード紙によると、リマ判事はこの日、Mちゃんから、彼女の母のヴァネッサ・デ・ジェズス・ナシメントと継父のアドリアノ・ドス・サントスの両容疑者による虐待に関する事情聴取を行った。
 「毎週、何度も叩かれたの?」と訊くと「毎日」と答える。Mちゃんの母は夜、継父は昼間働いていたため、弟達の世話や家の掃除はMちゃんの役目。洗い残しの皿があれば立ったまま眠らされ、身動きできぬよう手足を縛られたり、ネズミが走り回る場所で寝かされたりした事もある。
 母親を「母さん」と呼べば叩かれ、電気コードで縛った上に腹部に傷跡が残るほどペンチで締め上げられる、爪をはがされる、舌を切られて針で縫われる、ペンチで性器を傷つけられるなど、その残虐さは、公選弁護人をも驚かせた。
 6歳の時から軟禁、奴隷労働、虐待に苦しんでいたMちゃんは、昨年8月に逃げ出し、病院に運ばれたが、ブタンタン区の児童相談所所長が警察に届けなかったため、見かねた職員がピニェイロス区の相談所に相談。同区相談員が警察に届け出たため、母親と継父が逮捕、裁判となった。
 母親には48年、継父には33年の刑が下ったが、この刑は、イザベラちゃん殺害の罪に問われたアレッシャンドレ・ナルドニ、アナ・カロリーナ・ジャトバの両被告に対する31年と26年の刑を上回っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄2021年6月22日 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄  ブラジル日本移民113周年記念は歓喜を味わい、過去を振り返る時ではないでしょうか! 「歓喜を味わうとは」――日本移民の経済、農業、園芸、果実、セラード開発、料理、各分野で活躍する有能な人材、さらに、その歴史の継承などはブラジル社会に認められ、高く評価されています。 「振り […]
  • 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2021年6月19日 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  6月18日「日本移民の日」を迎えるにあたり、皆様にご挨拶を申し上げます。1908年に笠戸丸がサントス港に到着してから今年で113年となります。  昨年8月に着任した私にとっては今回が初めての移民の日となります。先日、サンパウロにあるブラジル日本移民史料館を訪問し、レ […]
  • 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七2021年6月19日 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七  1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がサントス港に上陸して113年の歳月が流れました。そして今や、ブラジル日系社会は200万人を擁する大きなコミュニティーに発展いたしました。先達の皆様方の幾多のご労苦とご功績に対し、深甚なる感謝の念と敬意を […]