ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | リオ市警=フルナス巡る汚職摘発=クーニャ被告に新たな疑惑

リオ市警=フルナス巡る汚職摘発=クーニャ被告に新たな疑惑

下院議長時代のクーニャ氏(Antonio Cruz/Agência Brasil)

下院議長時代のクーニャ氏(Antonio Cruz/Agência Brasil)

 リオデジャネイロ州市警が8日朝、リオ州とサンパウロ州で、電力会社フルナスを巡る汚職摘発のための「バロン・ガトゥノ作戦」を敢行したと同日付現地紙サイトが報じた。
 今回の作戦はラヴァ・ジャット作戦(LJ)関連の捜査で得た情報を基に、リオ州市警が単独で担当した初の作戦だ。従来のLJ関係の作戦は、連邦警察が行っていた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ