ホーム | 日系社会ニュース | 日系団体調査=人文研「ぜひ調査に協力を」=日系社会の現状明らかに=ブラジル全国の文協リストが完成へ

日系団体調査=人文研「ぜひ調査に協力を」=日系社会の現状明らかに=ブラジル全国の文協リストが完成へ

サントス日本人会での調査の様子

サントス日本人会での調査の様子

 日本移民110周年を控え、日系社会の全体像が明らかに―。サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長、以下、人文研)は、日本財団の資金協力を得て、創立50周年記念事業として『日系団体調査』を実施している。
 地域を基盤とした会館を中心とする日系団体や街頭での調査を通じて、各地の日系団体や日系社会の規模や活動状況、地域社会への影響力などを総合的に分析するもの。最終的にそれを総合して、日系社会の全体像を統計的に把握することが目的だ。
 細川多美子常任理事は、「盆踊りや日本祭が地域に根ざして盛り上がっている事例もあり、いかに日本性を残しているかを見ていくことも必要だ」として、日系社会が消滅するという一般論に疑問を挟む。
 「これまで日系団体の正確な数も把握されて来なかった」と語り、「現状をきっちり見分けることなしに、日系社会を語ることは出来ない」と意義を語り、調査が完了すれば、ブラジル全国の文協リストが完成する見込みだ。
 昨年3月頃から調査に着手し、これまでに約120の日系団体を訪問した。調査を本格化させ、二人三脚で5チームに分かれ、来年3月迄に残りのおよそ300の日系団体を訪問する予定だ。
 これまでの調査を振り返って、「予測に反して、三世は日系人という矜持を強く持っており、日本性が大事にされていた」と印象を語り、「ポ語が中心になっても、会館の片付けを自発的に行うなどの習慣が残っている。世代が交代しても会を運営しているのは日系人が殆どというのも興味深い」と語る。
 なかには、一度潰れそうになった文協が息を吹き返した事例もあるといい、「問題意識を共有することで、共通問題を共に対処してゆくことも可能になる」と期待を語る。
 来年6月までに調査結果を取りまとめ、日ポ両語で報告書を刊行する予定だ。細川常任理事は「皆で力を合わせて持ち応える知恵を出してゆくためにも、ぜひ調査にご協力を」と呼びかけている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新年あけましておめでとうございます2019年1月9日 新年あけましておめでとうございます  皆様、新年明けましておめでとうございます。  常日頃より、サンパウロ日伯援護協会(援協)に対し、多大なる、ご支援を賜り、篤く御礼申し上げます。  昨年7月には眞子内親王殿下のご臨席の下、日本ブラジル移民110周年記念式典が成功裡に開催されましたが、これを契機に日本 […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係2018年12月11日 リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係  先週、「リベルダーデ区の建設現場から帝政時代の奴隷の人骨が発見された」とグローボTV局をはじめ、伯字メディアが盛んに報じた。ガルボン・ブエノ街の建物を取り崩し、商業ビルを建築するために地下を掘っていたら7体の人骨が出てきたという。  リベルダーデ(自由)広場の名前の […]
  • 宮坂国人財団=イミグランテス環境公園開園=総工費1400万レ、社会に恩返し=自然保護教育で活用を2018年12月7日 宮坂国人財団=イミグランテス環境公園開園=総工費1400万レ、社会に恩返し=自然保護教育で活用を  構想から完成に至るまで10年――宮坂国人財団(西尾ロベルト義弘理事長)による初の独自事業『エコロジコ・イミグランテス公園』が、来年1月にいよいよ開園する。厳しい環境規制により認可取得に難航し、2013年から総工費約1400万レアル(約4億600万円)を投じて建設された […]