ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本日付本頁で報じた労働者党(PT)によるベネズエラのマドゥーロ政権支持の話は、ラヴァ・ジャットでついたダーティなイメージを悪化させかねない要素をはらんでおり、大統領選の世論調査にも響きそう。特に、反共、極右路線のジャイール・ボルソナロ氏の支持者は飛びつきそうな話だ。ただ、ボルソナロ氏も、かねてから衆目を集めている諸々の差別主義的行動や擁立政党の規模の問題に加え、「26年の下議人生で成立させた法案は2件のみ」という、頼りない事実も報道され始めている。右を向いても、左を向いても、真ん中を見ても問題山積みのブラジル政界。1年後の今頃は果たしてどうなっているか。
     ◎
 21日夜、サンパウロ市南部グラジャウーのアパートで、57歳の男性が自室で殺害される事件が起きた。近隣住民から「誰かが助けを求めていた」と知らされた門番が警備員と駆けつけたところ、男性はテープで口をふさがれており、頭や首にはガラス瓶で出来た傷があったという。現場からは1カ月前から同居していた21歳の息子夫婦が2歳になる孫を連れてバラバラに出てきたのが確認されており、子供連れで逃走中と見られている。殺害の動機は父親の貯金だったのではと推測されている。
     ◎
 先週は今年一番の冷え込みを見せたサンパウロ市だが、週末からは徐々に暖かくなってきた。予報だと今週は、最低気温が10度前後の日はあるものの、最高気温が25度前後と日中はかなり過ごしやすくなるようだ。なお、8月上旬まで雨がほとんど降らないようなので、こまめに水分補給をして、風邪をひかないよう心がけたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ロシア革命100周年と極右台頭2017年11月10日 ロシア革命100周年と極右台頭  ブラジルを代表するサンパウロ州の2大新聞、フォーリャ紙とエスタード紙は5日の紙面で、4ページからなる特別冊子編成扱いで共に「ロシア革命から100周年」の大特集を組んだ▼今回のこの100周年に関してはどこの世界もそれなりに記事としては展開しているが、一見ロシアとそれほど […]
  • 《ブラジル》「民主主義尊重されず」が86%=最新の意識調査で政治不信克明に=「政党よりシステムの問題」=「国民の過剰な理想」も問題か2017年8月15日 《ブラジル》「民主主義尊重されず」が86%=最新の意識調査で政治不信克明に=「政党よりシステムの問題」=「国民の過剰な理想」も問題か  13日付現地紙が掲載したアンケート調査の結果によると、ブラジル人の86%は「ブラジルでは民主主義が尊重されていない」と感じており、47%は「現在のブラジルの民主主義のあり方は、ブラジルにとって最良の形とは思えない」と答えていることがわかった。  これは調査団体のIPSOS社 […]
  • ブラジル短信=「新政権発足、求められる秩序と発展」=1月20日記 サンパウロ市在住 田中禮三 2019年1月29日 ブラジル短信=「新政権発足、求められる秩序と発展」=1月20日記 サンパウロ市在住 田中禮三   新年に、退役大佐ボルソナロ新大統領率いる新政権が発足した。昨年末の総選挙で、過去十数年にわたる労働者党による腐敗政治に終止符が打たれ、新たな年の始まりと共にスタートした新政権へのブラジル国民の期待は大きい。  2015年に始まった検察庁、連邦警察によるラバジャット作 […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 東西南北2018年11月28日 東西南北  ジャイール・ボルソナロ次期大統領の三男で下院議員のエドゥアルド氏が26日、米国での外遊をはじめた。ワシントンDCで記者会見を行ったエドゥアルド氏は、「損なわれたブラジルの信用を取り返す」と、父の新政権について語った。同氏はさらに、その後に行われた米国の政府関係者との会議でベネ […]