ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州サントス市=水位上昇で多大な損害の予測=2100年までに被害額15億レアルとも

サンパウロ州サントス市=水位上昇で多大な損害の予測=2100年までに被害額15億レアルとも

 ブラジルのサンパウロ州サントス、米国ブロワード郡、英国セルジーなどの地域での水位上昇の程度、また、その影響を調べる国際プロジェクト、メトロポール計画がまとめた調査によると、サントス市の水位は、気候変動によって、2050年までに少なくとも18cm、2100年までには45cm上昇する可能性がある。
 同調査はまた、何らかの対策や工事を行わなければ、サントス市は2100年までに、家屋だけで少なくとも15億レアル規模の損害を被ると試算している。
 全国自然災害監視センター(CEMADEN)の調査総合コーディネーター、ジョゼ・マレンゴ氏は、サントスには気候変動の影響を逃れる術はなく、変化に適応するための工事が必要だとしている。同氏は「2100年までに15億レアルの被害との試算もかなり楽観的で、倍になる可能性もある。適応工事は絶対に不可欠だ。遠い将来の事を言っているんじゃない。すぐに取り掛からねば」と危機感を募らせる。
 調査では、水位上昇の程度によってどこまで水没するかの地図を作ったが、マレンゴ氏は「平均水位が上昇すれば、高潮や高波の時の水位は、簡単に、今より2m高くなり得る」としている。
 調査はまた、最近の数十年間のサントスでの高波の発生頻度がかなり上がったことを示した。マレンゴ氏は、サントス市内でも波に対して弱い二つの地域、ポンタ・ダ・プライアと、北西部では既に影響が出ているとした。同氏はさらに、サントス市が水位上昇に伴う損害を避けるには、最低でも2億4千万レアル規模の対策工事が必要だと語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに2021年1月16日 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに  15日、サンパウロ州保健局が前回から1週間という異例の早さでコロナウイルスの外出自粛規制の見直しを行い、1地区が5段階中最下位の赤レベル、7地区が下から2番目のオレンジ・レベルに落ちて厳しくなった。大サンパウロ市圏は変わらず黄レベル(3番目)だった。15日付現地サイト […]
  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]
  • 東西南北2021年1月13日 東西南北  サンパウロ市ブタンタン研究所が8日に国家衛生監督庁(ANVISA)に緊急使用許可申請をした。これで、新型コロナウイルスのワクチン「コロナバック」の接種が、サンパウロ州が予定しているように1月25日から開始されることが現実味を帯びてきている。そんな中、「誰が最初にコロナバックの […]
  • 篤志家の内村さんに感謝状=長年寄付を貰った援協から2021年1月13日 篤志家の内村さんに感謝状=長年寄付を貰った援協から  サンパウロ日伯援護協会(当時は与儀昭雄会長)の旧年最後の定例役員会が12月17日に開かれ、評議員をつとめながら資金や物資、アパートの寄付などを長年行ってきた内村俊一さん(熊本県出身、85)に感謝状が授与された。  同定例役員会の寄付報告では11月だけでも福祉部・サン […]