ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》16年の農産物生産は?=収量減だが生産額が増える例も

《ブラジル》16年の農産物生産は?=収量減だが生産額が増える例も

 ブラジル地理統計院(IBGE)が、21日に2016年度の農産物の生産状況を発表した。
 それによると、綿花の生産は2年連続で減り、16年の収量は前年比13・6%減の3・5トンだった。棉の植付面積は99万6200ヘクタールだった。綿花減産は、国内2大産地のマット・グロッソ州とバイーア州が、エル・ニーニョ現象による干ばつに悩まされた事が響いたと見られている。市単位での生産量1位のマット・グロッソ州サペザルは、干ばつの影響が小さく、生産量が18・1%伸びたが、生産量2位のバイーア州サンデジデリオは、収量が27・3%減少した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ