ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》パロッシがルーラ巡る7つの罪明記=元大統領の隣のアパートは?

《ブラジル》パロッシがルーラ巡る7つの罪明記=元大統領の隣のアパートは?

 【既報関連】パラナ州の連邦地裁では、ルーラ研究所の土地や、元大統領の自宅の隣のアパートはルーラ元大統領がオデブレヒト社から受け取った賄賂とされる容疑に関する裁判が終盤を迎えているが、26日にアントニオ・パロッシ被告が労働者党(PT)に提出した離党届に元大統領の罪状が明記されていると28日付現地紙が報じた。
 同被告はルーラ政権の財相、ジウマ政権の官房長官で、ルーラ氏が全幅の信頼を置いたPT幹部の一人だった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ