ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 10月25日にゴイアス州ゴイアニアの私立校で起きた、14歳の生徒がいじめの仕返しで同級生2人を殺害した事件はまだ記憶に新しいが、6日朝、また同州の学校で生徒が射殺される惨事が起きた。現場は同州アレシャニアの州立校で、ラファエラ・ノヴィンスキさん(16)が、午前8時15分頃、教室で侵入者に銃殺された。犯人は19歳の卒業生で、すぐに取り押さえられ、逮捕された。容疑者はラファエラさんに交際を申し込んだが、断られて武器を購入。「お前が憎い」と叫びながら11発を浴びせたという。学校の中での青少年による銃犯罪という、従来は稀な類の犯罪の連鎖は気になるところだ。
     ◎
 先週、3万レアルにも及ぶ月給だけでは「奴隷労働」とし、判事の年金との計6万1千レアルの支払いを要求して話題となったルイスリンダ・ヴァロイス人権政策局長官。辞任を求める声もあがったが、どうやらそれは免れた模様。歴代、この職は労働者党(PT)のイメージが強く、民主社会党(PSDB)所属でしかも高齢の黒人女性という、珍しいイメージの人材抜擢で一部の話題にもなっていたが、その彼女がこの有様では、同党の「金持ちの味方」の印象払拭は難しいか。
     ◎
 5日のサッカーの全国選手権。イタケロンでの注目の首位攻防戦は、コリンチャンスが3―2でパルメイラスを振り切った。これでコリンチャンスは2位に浮上したサントスとの勝ち点差を残り6試合で6点とし、優勝に向けて、かなり有利になった。試合はパルメイラスが審判のジャッジに不服を示したが、暴動にまでは行かず、一安心。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年4月4日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦で疑惑の政治家として名前をあげられて以来、14年大統領選時の勢いを落としている観が否めないアエシオ・ネーヴェス氏だが、それは世論調査にも現れている。先日も少し触れたパラナー・ペスキーザという調査団体が行った18年大統領選のアンケートでは、PSDB候補がアエ […]
  • 東西南北2016年11月1日 東西南北  10月30日で今回の統一市長選は終了し、PTが大惨敗、テメル連立政権が圧勝、PSDBが大躍進という結果になったが、棄権者と無効票、白票が過去最多の32・5%に達したことも見逃せない。棄権者は有権者の21・6%の710万人。白票は投票数の4・28%、無効票も12・41%で、全投 […]
  • 東西南北2014年11月4日 東西南北  1日午後、聖市のパウリスタ大通りで、ジウマ大統領の大統領再選に対する反対を唱えるデモが起こった。参加者は約2500人で、彼らは労働者党(PT)の汚職を理由に同大統領の罷免を求めたり、得票数の数えなおしを求めたりした。このデモに関して、大統領選を接戦で敗れたアエシオ・ネーヴ […]
  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • 《ブラジル》JBS供述後、PSBが連立離脱表明=PSDBなどは当面連立に留まる=重要法案の審議はいかに2017年5月23日 《ブラジル》JBS供述後、PSBが連立離脱表明=PSDBなどは当面連立に留まる=重要法案の審議はいかに  【既報関連】食肉大手のJBS社主のジョエズレイ・バチスタ容疑者ら同社幹部7人の報奨付供述で、テメル大統領(民主運動党・PMDB)やアエシオ・ネーヴェス上議(民主社会党・PSDB、停職中)らへの疑惑が噴き出し、社会党(PSB)が連立離脱を決めたが、PSDBや民主党(DE […]