ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 5日夜、ルーラ元大統領への逮捕命令が出たことで、ブラジルは6日にかけて騒然となった。ブラジルが未曾有の好景気に沸いたルーラ政権下に、このような事態を想像した人がいただろうか。労働者党(PT)はルーラ氏の逮捕に関して、「ガンジーを捕まえるようなものだ」とまで言い切り、同氏が大統領時代に数多く存在した中南米の左翼系の大統領経験者たちも、こぞってブラジルの司法批判を行っている。一方、ブラジルからの汚職撲滅、社会的公正を求めて、ルーラ氏逮捕を求めていた人たちも「本当に逮捕が実現しちゃうの」と事態の進展に驚いている状況だ。いずれにせよ、逮捕の瞬間がブラジル史に残ることは間違いない。
     ◎
 先日、フェイスブックの個人情報の漏洩が起こり、国際的な問題となっていたが、その中にはブラジル人のデータも44万3117人分含まれていたという。7千万人も漏れていたアメリカ人から比べると少なく見えるかもしれないが、ブラジル人の情報漏洩の人数はフィリピン、インドネシア、イギリス(ここまでが100万人以上)、メキシコ、カナダ、インドに次ぐ規模だというからやはり多い。ネット生活は不可欠な現在だが、気をつけるべきことはある。
     ◎
 5日のサッカーのリベルタドーレス杯、サントスは敵地アルゼンチンでの対エストゥディアンテ戦に1―0で勝利し、グループ6のトップに立った。現在、ブラジル勢は、フラメンゴ、コリンチャンス、パルメイラスもそれぞれの所属グループで1位となかなか好調。昨年のグレミオに次ぐ、南米一の栄冠を期待したいものだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2015年10月27日 東西南北  今年の全国高等教育試験(Enem)も遅刻、会場間違い、カンニング疑いの退場等、毎年恒例のハプニングが繰り広げられた。サンパウロ市西部バラ・フンダ区の私大Uninoveでは、午後1時の入場締め切り間際に息も絶え絶えで駆け込もうとした女子学生が、付近の男性に半ば投げ入れられるよう […]
  • フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える2019年1月11日 フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える  今年のブラジルサッカーマーケットは、いつになく高額の引き抜きが発生している。  サンパウロFCが同じブラジル国内のチーム、アトレチコ・パラナエンセからFWパブロを2660万レアルの移籍金で獲得し、パルメイラスも、エジプトのピラミッドFCからFWカルロス・エドゥアルド […]
  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]
  • 東西南北2018年8月14日 東西南北  このところ、サンパウロ大都市圏内では、携帯電話を目当てにした、青少年に対する強盗殺人が相次ぎ、問題となっている。9日夜にはサントアンドレで、通学途中のパウラ・デ・フレイタス・シウヴァさん(18)が、近づいて来た強盗に携帯を差し出したにもかかわらず、胸を撃たれ、死亡した。翌10 […]
  • 東西南北2018年7月18日 東西南北  テメル大統領と上下両院議長がいずれも職務で国外に出たため、カルメン・ルシア最高裁長官が17、18日に大統領代行を務める。同長官の大統領職代行は3度目だ。一部の国民は、カルメン氏が最高裁長官としての業務を遂行できない間の代行が予想されるトフォリ副長官が、逮捕中のルーラ元大統領を […]