ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年1月16日付け

 リオの老人介護施設で、99歳の女性に暴行を働いていた女性職員2人が逮捕された。この女性は日頃から暴行を受けていたことから、息子が隠しカメラでその模様を録画、それをTVグローボの「ファンタスチコ」内で放送したことが決め手となり、逮捕につながった。職員らは決定的証拠を取られたにもかかわらず犯行を否認し、被害者の女性の方にかんしゃくなどの問題があったと語っているという。
     ◎
 サッカーの王様、ペレがつけていたサントスFCの由緒ある背番号10をアルゼンチン人選手がはじめてつけることになった。新たに10番をつけることとなったモンティーロは、アルゼンチンのサッカー・キング、マラドーナとペレの比較について、「ペレも、マラドーナも違う時代の世界一の選手。比較はできないよ」と語っている。モンティーロは10番の前任者のガンソに代わってネイマールを助ける役目を期待されている。
     ◎
 11カ月前にわずか590グラムの超未熟児として生まれ、以後、4度の手術を受けながらも退院を果したサンパウロ州の女児ソフィアちゃんの成長する様子を両親が録画したビデオ動画がネットで更新されつづけ、話題となっている。「がんばれ」と応援しているうちに、生命力の強さを目の当たりにして、逆に勇気を与えられる動画のアドレスはfolha.com/no1213825

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年5月20日 東西南北  来年のロシアW杯出場を決めているサッカーブラジル代表は、6月9日と13日に豪州メルボルンの地で、アルゼンチン、豪州と親善試合を行う。その代表メンバーが19日発表された。「欧州でプレーする何人かの選手には休暇が必要」との理由で、ネイマールは外された。今年2月に負傷したガブリエル […]
  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]
  • サッカー王国復活への道=新世代で18年W杯優勝へ=現セレソンが無敵な真の理由2017年6月24日 サッカー王国復活への道=新世代で18年W杯優勝へ=現セレソンが無敵な真の理由  あの悪夢の「ドイツ戦1―7敗戦」も今は昔――。セレソンは雪辱を期す2018年W杯ロシア大会のための南米予選を、世界の他の国に大幅に先駆けて制覇して、3月の時点で本大会出場を確定した。昨年9月就任のチッチ新監督は就任以来、南米予選を全勝で飾ったことで「チッチ効果」とも呼 […]
  • ブラジレイロン=今期の4強は絞られた?=現地解説者が戦力分析2016年9月20日 ブラジレイロン=今期の4強は絞られた?=現地解説者が戦力分析  「ブラジレイロン」の愛称で知られるブラジルのサッカーの全国選手権は、9月3週目の週末で第26節が終了した。全部で38節なので、ほぼ3分の2を消化したことになるが、現時点で既に、南米一を争うリベルタドーレス杯への進出4チームはほぼ固まりつつある、との見方がある。  グロー […]
  • 《ブラジルサッカー》不遇のアーチスト、ガンソが国内復帰に前進2019年1月16日 《ブラジルサッカー》不遇のアーチスト、ガンソが国内復帰に前進  ブラジルサッカー界の人気選手、ガンソ(29)の国内復帰が有力視されている。  かつては「ネイマールの相棒」として知られ、サントスFCでは「ガンソがゲームを作り、ネイマールが点を取る」というパターンで2011年にはリベルタドーレス杯も制覇した。  その後は期待されてサンパウ […]