ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本日付本頁で報じている連邦警察の新警視総監選出の話だが、セゴーヴィア氏を推薦したサルネイ元大統領は、既にお蔵入りになったとはいえ、「ラヴァ・ジャット作戦(LJ)をつぶそうと画策した」容疑で連邦検察庁からレナン・カリェイロス元上院議長やロメロ・ジュカー上議らと共に捜査対象となった人物だ。その人が、次の警視総監に自分と極めて近い立場の人物をロビー活動で推し、その指名が実現したとなると、それこそLJへの妨害行為にならないのだろうか。むしろ検察庁が動くとしたら今なのでは? ブラジルのメディアは既にこの件に一斉に飛びついているが、国民もしっかり注目すべきことではないか。
     ◎
 7日、サンパウロ市東部カンガイーバのバス停で、41歳の服飾職人の男性が、その教え子である33歳女性を、他の人もいる前でナイフで刺して殺すというショッキングな事件が起きた。傍にいた女性の友人(43)は、容疑者のナイフで負傷しながらも何とか取り押さえようと格闘し、大声で助けを求めた。その結果、集まった人たちは容疑者をリンチし、容疑者も死亡した。リンチでの逮捕はなかった。容疑者は、犠牲者にふられた腹いせで殺害を行ったという。
     ◎
 8日のサッカーの全国選手権、コリンチャンスは敵地クリチーバでのアトレチコ・パラナエンセ戦を1―0で制した。残り5試合の時点での勝ち点差は、2位グレミオとの間が8点、3位サントスとでは9点となり、優勝に向け、大きく前進した。現在セレソンに召集されて欧州にいる守護神カシオが戻る頃、優勝ということもあるかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2017年4月12日 東西南北  サンパウロ市のジョアン・ドリア市長は今日12日より、韓国のソウルを訪れている。今回も2月に中東の富豪を訪れたのと同様、市内の大型施設民営化やネーミング・ライトの交渉を同国の大手企業に持ちかける意向で、ヒュンダイ、SK、LG、サムスンなど、伯国でもなじみの企業をまわる予定だ。韓 […]
  • 東西南北2018年3月6日 東西南北  現在、パラナ州クリチーバにあるオスカー・ニーマイアー美術館では、ラヴァ・ジャット作戦で押収された絵画の展覧会が行われている。これらの作品は、元ペトロブラスのサービス部長だったレナト・ドゥケ氏をはじめとした被告たちが賄賂代わりに手にしたものだ。これらの価値が非常に高く、話題とな […]
  • 東西南北2016年10月21日 東西南北  19日のエドゥアルド・クーニャ前下院議長の逮捕は大きな話題を呼んだが、世間の注目はクーニャ氏のみならず、彼を連行したある連邦警察官にも注がれていた。長く伸びた前髪を、最近ブラジル人男性のあいだで流行のちょんまげにした、無精ひげで胸板の厚いこの男性は、「二枚目だ」としてたちまち […]
  • 東西南北2017年4月4日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦で疑惑の政治家として名前をあげられて以来、14年大統領選時の勢いを落としている観が否めないアエシオ・ネーヴェス氏だが、それは世論調査にも現れている。先日も少し触れたパラナー・ペスキーザという調査団体が行った18年大統領選のアンケートでは、PSDB候補がアエ […]