ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》連警がラヴァ・ジャット作戦第47弾敢行=トランスペトロ巡る疑惑で

《ブラジル》連警がラヴァ・ジャット作戦第47弾敢行=トランスペトロ巡る疑惑で

 14年3月に始まった連警のラヴァ・ジャット作戦(LJ)の第47弾にあたる「ソチス作戦」が、21日に敢行されたと同日付現地紙サイトが報じた。
 今回の作戦はサンパウロ州やバイア州、セルジッペ州、サンタカタリーナ州で展開され、ペトロブラス傘下のトランスペトロ元役員とその親族、仲介者、関連企業を対象に、一時逮捕1件、強制連行と事情聴取5件、家宅捜索8件の14件の令状が実行された。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ