ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》テメル政権=中道右派連合で来年選挙へ=好景気材料に逆転狙う=大統領候補有力はメイレレス=本人が再出馬する可能性も

《ブラジル》テメル政権=中道右派連合で来年選挙へ=好景気材料に逆転狙う=大統領候補有力はメイレレス=本人が再出馬する可能性も

テメル大統領とメイレレス財相(Beto Barata/PR/FotosPúblicas)

テメル大統領とメイレレス財相(Beto Barata/PR/FotosPúblicas)

 テメル大統領が、社会保障制度改革推進や来年の選挙を焦点に、民主運動党(PMDB)を中心とした中道右派の大きな連立を組もうと目論見はじめていると、25日付現地紙が報じている。

 来年10月の大統領選を巡る世論調査では、ルーラ氏(労働者党・PT)とジャイール・ボウソナロ氏(愛国党)の一騎打ちのように報じられている一面がある。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ