ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁=マルフの釈放を認めず=高齢で健康問題抱えるも=22日にブラジリアに移送

《ブラジル》最高裁=マルフの釈放を認めず=高齢で健康問題抱えるも=22日にブラジリアに移送

17年10月のマルフ氏(Wilson Dias/Agência Brasil)

17年10月のマルフ氏(Wilson Dias/Agência Brasil)

 21日、最高裁のカルメン・ルシア長官は、元サンパウロ市市長のパウロ・マルフ下議(86、進歩党・PP)の釈放請求を却下した。この判決を受け、マルフ被告は22日にブラジリアの刑務所に移送された。22日付現地紙・サイトが報じている。
 マルフ氏は今年5月に最高裁で7年9カ月と10日の実刑判決を受けており、19日に最高裁のエジソン・ファキン判事が即座の刑執行命令を出した。これは同氏がサンパウロ市市長だった1993年から96年に行われた、同市のアグア・エスプライアーダ(現ジョルナリスタ・ロベルト・マリーニョ)大通りとアイルトン・セナ・トンネルの建設工事で横領した公金を国外の口座に送金し、資金洗浄を行った容疑によるものだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ