ホーム | ブラジル国内ニュース | シコ・ブアルキ公演でルーラ元大統領への声援=24日の裁判へのエール

シコ・ブアルキ公演でルーラ元大統領への声援=24日の裁判へのエール

 ブラジル音楽界の大御所、シコ・ブアルキ(73)が4日、リオで行われたコンサート終盤で、今年の大統領選出馬の命運のかかる裁判を24日に抱えているルーラ元大統領へエールを送る見せ場を作った。
 シコは現在、昨年に11月ぶりに発表したアルバム「カラヴァナス」に伴うツアーを行っている最中だ。
 4日のコンサートは彼の地元でもあるリオ市のヴィーヴォ・リオで行われ、その終盤に「フォーラ・テメル(テメル、出て行け)」とテメル大統領の退任を煽る呼びかけを行ったところ、それがすぐに、「オーレー、オレ、オレ、オラー! ルーラ、ルーラ!」と、ルーラ氏を励ます合唱に変わって行った。
 観客たちはコンサートが終わり、会場内の電気がついてからも、「オーレー、オレ、オレ、オラー! ルーラ、ルーラ!」の合唱を続けた。
 シコは1980年代の労働者党(PT)結党直後からの熱心なペチスタ(労働者党支持者)で、ルーラ氏の後任となったジウマ政権時には、彼の妹のアナ・オランダ氏が文化相を務めたほど、関係が深い。
 さらに、2016年8月のジウマ前大統領の弾劾裁判の際は、ルーラ氏と隣り合わせになって議会に乗り込んで、裁判の行方を終始見つめていたほどで、その蜜月振りをうかがわせていた。
 24日は、リオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレの第4地域裁で、サンパウロ州グアルジャーの高級三層住宅を巡る収賄疑惑に関する第2審が行われる。この裁判でも有罪となれば、法規上、ルーラ氏は10月に行われる大統領選への出馬が不可能となる。
 この裁判に関し、シコがどういう行動に出るかは定かではないが、これまでの経緯から、何かしらのことはするのではないかと見られている。
 また、同じく熱心なペチスタで知られる大御所のカエターノ・ヴェローゾの動向も気になるところだ。(5日付ブラジル247サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本人は「こんなのは軍政以来」と嘆くも=過激言動で極端な賛否両論を巻き起こすカエターノ・ヴェローゾ2017年11月1日 本人は「こんなのは軍政以来」と嘆くも=過激言動で極端な賛否両論を巻き起こすカエターノ・ヴェローゾ  10月30日、このところ何かとお騒がせ続きの、ブラジル音楽界の大御所で国際的スターのカエターノ・ヴェローゾ(75)が、ホームレスの人たちによる不法占拠地域で開催する予定だったコンサートの中止命令を出された。  これを不服としたカエターノが、再び問題発言を行い、新たな […]
  • リオ市長選=芸能人たちはさらに左寄りに=ルーラ離れはここでも加速か?2016年9月28日 リオ市長選=芸能人たちはさらに左寄りに=ルーラ離れはここでも加速か?  現在、ブラジルでは、10月2日に行なわれる全国市長選のキャンペーンの真っ最中だが、26日、リオ市長選でのキャンペーンで、今のブラジルの状況を象徴したかのような事態が起きた。  この日、ルーラ元大統領(労働者党・PT)は、PTの古くからの同盟党・ブラジル共産党(PC Do […]
  • 文化省=廃止から急転復活に=芸能人らの強い反対受け=VCも反テメル大会に2016年5月24日 文化省=廃止から急転復活に=芸能人らの強い反対受け=VCも反テメル大会に  21日、ミシェル・テメル大統領代行(民主運動党・PMDB)が、芸能人をはじめとする強い反対圧力を受け、一旦は教育省に統合して廃止した文化省を復活することを決めた。ブラジルの芸能界は労働者党(PT)と結びつきが強いことで知られている。22日付伯字紙が報じている。 テメル大統領代 […]
  • 3日、議会に押しかけたロボン(Laycer Tomaz/Câmara dos Deputados)2014年12月5日 反ジウマの場所にロボンあり=言いたい放題の名物ロック歌手  大接戦に終わった大統領選挙が終わって1カ月あまりのブラジルでは、依然として野党陣営がジウマ政権に激しく楯突く姿がしばし見られる。12月も2、3日に、ジウマ政権側が提案した、基礎的収支の算出法の改定法案に対し、「年間目標が達成できないのはごまかせないぞ」とばかりに野党や抗議 […]
  • 大統領候補を音楽に喩えると?=有名歌手が推す候補者たち2014年10月4日 大統領候補を音楽に喩えると?=有名歌手が推す候補者たち  10月5日、ブラジルでは4年に1度の大統領選挙が行なわれる。今回の選挙は現職のジウマ大統領(労働者党・PT)が本命、アエシオ・ネーヴェス氏(民主社会党・PSDB)とマリーナ・シウヴァ氏(ブラジル社会党・PSB)が対抗する形で行なわれているが、「ブラジル音楽の有名人はどの候 […]