ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=名門校の教員が淫行で逮捕=女児の陰部の隠し撮りで

サンパウロ市=名門校の教員が淫行で逮捕=女児の陰部の隠し撮りで

 18日、サンパウロ市の名門私立校で教員が女児たちの陰部を盗撮していたことが発覚し、逮捕された。同日付現地サイトが報じている。
 事件が発生したのは西部ピニェイロスにあるセントニコラス校で、男性教員が、薬箱の中に隠したカメラを使い、スカートの下から覗き見るような形で制服姿の女児たち(幼児クラス)の陰部を盗撮。それをさらに動画にして保管していたことが発覚した。教員は自宅で逮捕された。
 教員は同校に20年勤めていた男性で、歴史や演劇を教えていた。警察は、動画の拡散や幼児へのわいせつ行為などの余罪があると見て、継続して捜査を行っている。
 調べによると、盗撮された内容は動画や写真などでノート・パソコンや外付けのハード・ディスク、ペン・ドライブなどに保管されていた。教員は逮捕された際、動画や写真は学校で撮影されたもので、撮影や編集用の機材や一部の映像は学校にも保管されていると自白している。
 学校側は、生徒の父兄とのワッツアップの中で今回の警察の捜査に驚いたとすると共に、真相解明に最大限の協力をすると約束している。
 これは、18日に12州で行われた、幼児や児童への性犯罪を巡る捜査の一環で、同日午前11時30分までに全国で38人が逮捕されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ