ホーム | ブラジル国内ニュース | リオのファベーラで銃撃戦=2日連続、幹線道路が遮断

リオのファベーラで銃撃戦=2日連続、幹線道路が遮断

ロベルト・サー、リオ州公共保安局長(Tania Rego/Agencia Brasil)

ロベルト・サー、リオ州公共保安局長(Tania Rego/Agencia Brasil)

 リオ市西部シダーデ・デ・デウス地区の治安悪化に伴い、警察と犯罪組織の銃撃戦が連日発生して主要幹線道路が遮断され、1日夜には住む19歳の女性が流れ弾に当たる事件が発生したと1、2日付現地各紙・サイトが報じた。
 1月31日には、同地区で発生した軍警と犯罪組織の銃撃戦の結果、3人の麻薬組織構成員が死亡。これに怒った住民がバリケードを築き、主要幹線道路リーニャ・アマレーラを封鎖する事件が発生していた。
 翌日にも銃撃戦が同じ地区とリンニャ・アマレーラ付近で起こり、車で通行中だった人々が、銃撃戦の間、車の陰に隠れて息を潜め、通行再開を待った。
 その夜には同地区に住むナターシャ・クルスさん(19)が買い物に出たところで流れ弾に当たった。近くの住民に救助されたクルスさんは、救急医療施設で手当てをうけ、今はバーラ・ダ・チジュッカ地区の市立病院に入院している。命に別状はない。
 リオ州公共保安局長、ロベルト・サー氏は、「2日連続でシダーデ・デ・デウスでの銃撃戦の影響で幹線道路封鎖が起こったことは嘆かわしい。しかし、この地区の犯罪を抑えようと警察が活動しているから起こった事だと、前向きな理解を求めたい」のコメントを発表していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ=元市議が複数殺害に関与?=マリエレ市議や民兵トップら2020年9月10日 リオ=元市議が複数殺害に関与?=マリエレ市議や民兵トップら  リオ市警とリオ州検察局は9日、2014年に起きたミリシア殺害事件に関して、元リオ市議のクリスチアーノ・ジロン氏と、マリエレ・フランコ元リオ市議殺害事件の実行犯として逮捕されているロニー・レッサ容疑者とつながりのある人物の家宅捜査を行った。  今回の捜査は、ファベーラ […]
  • 《ブラジル》リオ市で暴風雨、6人死亡=1カ月分以上の雨が一晩で=倒木も市内で120カ所以上2019年2月8日 《ブラジル》リオ市で暴風雨、6人死亡=1カ月分以上の雨が一晩で=倒木も市内で120カ所以上  リオデジャネイロ市で6日夜に暴風雨が発生し、6人の死者が出たと6、7日付現地各紙・サイトが報じた。  暴風雨は午後8時半頃に発生、リオ市は大雨注意報を出したが、午後10時15分には警戒度最大の大雨警報に強化された。  バーラ・デ・グアラチリーバで2人、巨大フェヴェ […]
  • リオ=女性州議の自動車に銃弾4発=昨年末に暗殺を予告される2019年1月15日 リオ=女性州議の自動車に銃弾4発=昨年末に暗殺を予告される  13日午前、リオ州議で元リオ州市警司令官のマルタ・ロシャ氏(民主労働党・PDT)を乗せた自動車が4発の銃撃を浴びる事件が起きた。防弾車だったこともあり、死者は出なかったが、殺害未遂が疑われている。14日付現地紙が報じている。  この銃撃で、マルタ氏の運転手のジェオニジオ・メ […]
  • リオ市=大雨で大通りにワニ出現=轢かれそうになるも無事保護2018年11月27日 リオ市=大雨で大通りにワニ出現=轢かれそうになるも無事保護  25日から26日にかけて大雨に見舞われ、2時間で1カ月分を超える雨が降ったところも出たリオ市で、25日夜、大通りにワニが出現し、ほとんど轢かれそうになるという事件が起きた。  ワニが現れたのは、リオ市西部のバーラ・ダ・チジュッカのアイルトン・セナ大通りだ。リオ市では […]
  • 《リオ市》早くもクリスマスツリー登場=過去最大の高さ65メートル2018年11月7日 《リオ市》早くもクリスマスツリー登場=過去最大の高さ65メートル  リオ市西部のバーラ・ショッピングに、同市では過去最大となる、高さ65メートルのクリスマスツリーが登場した。  120トンの資材を投じ、45日間かけて造られたというツリーは、20階建てのビルを超える高さだ。このツリーはアメリカス大通り沿いの駐車場に設置され、来年の1月 […]