fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | カーニバル=ペルーシに日本人50人出場=「本当に奇跡」ハラハラ越え活躍

カーニバル=ペルーシに日本人50人出場=「本当に奇跡」ハラハラ越え活躍

葛西さん

葛西さん

 日本人約50人が加わったサンバチーム「ペルーシェ」(スペシャル・グループ)は10日(土)未明、サンパウロ市カーニバル会場アニェンビーを堂々と行進した。
 サンパウロ・サンバチーム連合会(UESP)主催『2018年度ハイーニャ(女王)・コンテスト』で1月末、特別賞アグーリャ・デ・オウロを受けたサンバ講師の葛西叙江さん(45)も同チームでディスタッキとして出場。「本当に今回ばかりは、もうダメだと思いました」と生々しく当日の様子を伝えた。
 どこのチームでも衣装の受け渡しが毎年問題になりがちだが、とくにひどかったようだ。いわく「チームと正式な契約書を交わし、最低でも1週間前までには衣装を届けることになっていたのです。ですが本番前のドタバタで、当日3時間前に50人分の、だいたいの衣装がクアドラ(チーム会館)に着き、そこで受け取ることになってしまいました。しかもアブリアーラス(連の最初の踊り子)で出る日本人のカベッサ(頭の飾り)が9個足りません。スタート地点に入る3分前にそれが届き、一般アーラ(連)の首の飾りも1分前に届きました」とのこと。
 「山車の22名は半数がスタート直前に山車に乗り、半数は私とともにもうパレードが始まってから待機場所に着いて、なんとか全員参加することができました」と胸をなでおろす。最終的に全部そろったのは本番開始直後、「本当に奇跡かと思いました」と締めくくった。ペルーシェは残念ながら下から2番目となり、降格決定した。
 リオのサンバチーム「モシダージ・パドレ・ミゲウ」にパシスタとして出場した斎藤真由美さんは、「神戸のソウナッセンチというサンバチーム所属しています。そこで南原紀子先生から素晴らしい指導を受け、メンバーの支えのおかげで出られた。リオのチームの皆さんもとても親切。皆さんに助けられながら、今年もカーニバルに参加することができて感謝しています。来年も戻ってこられるよう頑張ります」と意気込んだ。


□関連コラム□大耳小耳

 今年のサンパウロ市カーニバルでは、珍しく審査員に日系人がいた。フェルナンド・ハシモトさんで、カンピーナス州立大学で音楽学を教える大学教授。出場者の枠を超えて、審査員などにも日系人の活躍の場が広がってきているようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ2018年8月14日 ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ  1908年に第1回移民船「笠戸丸」がサントスに着港し、沖縄県移民325人がブラジルの地を踏んでから110年――約190万人と言われるブラジル日系人のうち約1割を占め、その規模を遥かに上回る存在感を持つ沖縄系コミュニティ。その中核組織、ブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長) […]
  • UESP=女王コンテスト特別賞!=葛西さん「とても光栄」2018年1月27日 UESP=女王コンテスト特別賞!=葛西さん「とても光栄」  真夏の大祭典であるカーニバルが2週間後に迫るなか、24日から翌25日早朝にかけて開催されたサンパウロ・サンバ・スクール連合会(UESP)主催『2018年度ハイーニャ・コンテスト』で、サンバ講師の葛西叙江さん(45)が、特別賞アグーリャ・デ・オウロに輝いた。  惜しく […]
  • リオ・デ・ジャネイロ=ストリートのカーニバルは既に本番=盗難も市内各所で発生2017年2月21日 リオ・デ・ジャネイロ=ストリートのカーニバルは既に本番=盗難も市内各所で発生  カーニバル本番まであと1週間となり、リオデジャネイロ市やサンパウロ市では〃ブロッコ〃と呼ばれるサンバ集団が街を練り歩き、市内に彩を与えている。そんな中、リオデジャネイロ市市警備隊は18、19日の週末、市内各所のブロッコでの窃盗容疑で成人5人を逮捕し、青少年3人の身柄を拘束 […]
  • イグアスーの滝、2人旅(2)=サンパウロ 平間浩二2016年6月16日 イグアスーの滝、2人旅(2)=サンパウロ 平間浩二  暫く走ってから比較的大きなカーブに差し掛かった時、船長は突然、急カーブを切った。あわや転覆するのでは・・・と驚愕した瞬間、今度は全員が波しぶきを全身に浴び悲鳴を上げた。 船長は2、3度この恐怖のサービスを繰り返した。いよいよ滝の下に近づくにつれ、徐々に滝しぶきが強くなってきた […]
  • カーニバルと共に生きて=礎を築いた先人の述懐2015年2月17日 カーニバルと共に生きて=礎を築いた先人の述懐  彼らは先駆者として、サンパウロ・カーニバルの扉を開いた。人生の歴史がほぼそのままサンパウロ・カーニバルの歴史と言ってもいいほどの彼らはいまや、サンバの守り神ともいえる存在だ。 84歳のカルロス・アルベルト・カエターノさんは、サンバと共に生きてもう70年になる。サンパウロ州 […]