ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ直接統治令=下院を圧倒的多数で通過=20日に上院で審議投票=左翼は軍統治に強く反発=逮捕捜査権が今後の争点

リオ直接統治令=下院を圧倒的多数で通過=20日に上院で審議投票=左翼は軍統治に強く反発=逮捕捜査権が今後の争点

19日の下院の投票の様子(Wilson Dias/Agência Brasil)

19日の下院の投票の様子(Wilson Dias/Agência Brasil)

 【既報関連】連邦政府が16日に出したリオ州治安部門の直接統治令(インテルヴェンソン・フェデラル・IF)を審議する下院本会議が19日夜から行われ、20日未明に340対72の圧倒的大差で承認した。G1サイトによれば、上院でも20日午後4時から審議がはじまり、翌朝までには結果が判明する予定。出席上議の過半数が賛成すれば可決となる。20日付現地サイトが報じている。

 直接統治令は16日から発効となっているが、上下両院の承認をもって正式に有効となる。下院審議は19日の夜、行われ、7時間にも及ぶ議論の後に行われた投票では、賛成340、反対72、棄権1という圧倒的多数で可決した。上下両院とも報告官は立てたが、「緊急案件」として、本来通るべき専門委員会での討議は免除され、本会議での審議に直接持ち込まれた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ