ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本日付本面でも報じたように、ジョアン・ドリア・サンパウロ市市長がサンパウロ州知事選へ出馬する意向を正式に発表した。一時期は高まる人気を背景に、「大統領にも」ともてはやされた同氏。そういうこともあり、本人は「大統領にはなれなくとも、せめてサンパウロ州知事には」という気持ちでいるかもしれない。ただ、「次期大統領」との声が上がりはじめた途端に舞い上がり、市政を二の次にして州外、国外に自分のプロモーション活動に勤しみはじめて以降は人気急落。自慢の高支持率も、そこまでの高さではなくなりはじめている。知事選も、新鮮さで有権者の心を惹いたサンパウロ市市長選のときほど甘くはないだろう。気を引き締めてほしいものだ。
     ◎
 週明けの天気予報では、今週のサンパウロ市の天気は乾燥して晴れ続きという話だった。ところが12日の予報は当たらず、夕方に強い夕立を見、市内では約30本の倒木が起きた上、市北西部約15区やオザスコでは停電も発生した。13日早朝も強い雨が降り、予報は「今週は午前中にかなり温度が上がり、夕立が降りやすい日が続く」に変化。海上の前線が予想より強い上、陸上の高気圧が予想したより弱いため、湿度が下がらなかったという。
     ◎
 今ひとつ調子の上がらないサンパウロFC。だが、そんな中、唯一の生え抜きスター選手、ロドリゴ・カイオがセレソンに選ばれた。「残り枠1」といわれるセンターバックのポジションを、昨年南米一に輝いたグレミオのジェロメルと争う形に。ジェロメルは今や「国内一のディフェンダー」の呼び声も高いが、負けずにがんばってほしいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年2月5日 東西南北  昨日詳しく報じた通り、ボルソナロ派の政治家の中でもとりわけ過激な言動で知られるビア・キシス下議が下院憲政委員会(CCJ)の委員長就任を有力視され、下院内で猛反発を受けている。そんな中、3日、「下院の女性部門のリーダーにフロルデリス氏」という怪情報が大手メディアでも流れ、騒然と […]
  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • 東西南北2020年11月11日 東西南北  米国大統領選が終わり、全国市長選が今度の日曜に迫ったブラジルでは、早くも再来年の大統領選を意識した動きが表面化し始めている。一例はともに世論調査での支持率が高いルシアノ・フッキ氏とセルジオ・モロ氏で、クリチーバで二人が会合を行ったという一報が世間を賑わせている。二人とも知名度 […]
  • 東西南北2020年3月26日 東西南北  ボルソナロ大統領が24日夜に行った政見放送は、政界や国民のみならず、保健・医療、科学などの分野の専門家からも反感を買い、25日には諸団体が一斉に抗議声明を出した。代表例を挙げると、国家保健審議会、ブラジル感染症学会、ブラジル公衆衛生協会、サンパウロ州医師協会、ブラジル腫瘍外科 […]
  • 《ブラジル》コロナショックにサッカーチームが立ち上がる=スタジアムや練習場を医療用地として提供2020年3月24日 《ブラジル》コロナショックにサッカーチームが立ち上がる=スタジアムや練習場を医療用地として提供  ブラジルでは現在、新型コロナウイルスの感染が広がっており、国内全域でプロサッカーの公式戦が中断され、リベルタドーレス杯などの国際大会や、カタールW杯南米地区予選も延期が発表された。  試合がない中、選手の体力や試合勘を落とさないよう、トレーニングだけでも行いたいところだが、 […]