ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本日付本面で報じているサンパウロ市セントロの大火災は、そのショッキングな炎上の光景も重なり、1日のブラジルのニュースを独占した。その影響もあり、本来ならトップで報道されているはずのメーデーのイベントがすっかり影が薄くなってしまった。それに輪をかけるように、サンパウロ市のカンポ・デ・バガテッレ広場のフォルサ・シンジカルの集会も盛り上がりにいまひとつ欠けるものになった。それは同イベントに招待されていた大統領候補たちが、罵声を浴びるのを避けるためにこぞって出席を拒否。やってきたのは低支持率の候補3人のみに終わったからだ。混乱の年のメーデーらしい光景か。
     ◎
 また、サンパウロ市のレプブリカ広場では中央労組(CUT)主体の集会が行われた。CUTは労働者党(PTT)と強い結びつきのあるだけに、その集会はさながら、服役中のルーラ氏を応援するためのものとなった。彼らとしてはルーラ氏の大逆転での大統領選出馬を望んでいるところだろう。だが、その一方で、ルーラ氏の代理出馬候補の一人であるジャッケス・ヴァギネル氏が、「(民主労働党の)シロ・ゴメス氏の副候補としての連立もありえる」と発言。さて、どうなる?
     ◎
 1日のサッカーのリベルタドーレス杯、サントスは敵地ウルグアイでのナシオナル戦を0―1で落とした。だが、他のチームとの星勘定の関係から、2試合を残して、グループ・リーグ6を突破し、決勝トーナメントに進出することが決まった。サンパウロ州からは既にパルメイラスも進出が決まっている。コリンチャンスも続いてほしい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年4月18日 東西南北  パラナ州クリチーバでルーラ元大統領のためにキャンプを行う団体が大量にいることは昨日付本紙でも報じたが、ルーラ氏が彼らに対して手紙を書き、グレイシ・ホフマン労働者党(PT)党首が16日に支持者の前で読み上げた。ルーラ氏は「私は司法機関を信じているが、無実で捕まった多くの人たち同 […]
  • 東西南北2017年7月18日 東西南北  12日に実刑判決を出されて以来、ブラジルの話題を集めるルーラ元大統領だが、それに伴い、同氏の痛烈な批判者として知られる、サンパウロ市のジョアン・ドリア市長も注目を集めている。ここ連日、市長がルーラ氏に関して何か言うたびにマスコミの話題になるため、他の政治家からは「まるでオウム […]
  • 東西南北2016年4月12日 東西南北  ジウマ大統領罷免阻止に苦しい展開の労働者党(PT)に、追い討ちをかけるように内部分裂の危機が浮上している。11日付フォーリャ紙によると、ルーラ政権で法相を務めた、前南大河州知事のタルソ・ジェンロ氏を筆頭に、PTに失望した党員たちが今年10月の市長選後に新党結成を目指すというの […]
  • 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる2019年12月19日 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる  来年3月から始まるカタールW杯南米地区予選の対戦順と、クラブチーム南米王者の座を争う、来年のリベルタドーレス杯の組み合わせの抽選が17日に行われた。  2022年にカタールで行われるW杯の南米出場枠は4・5で、南米サッカー連盟加盟10カ国がホーム・アンド・アウェー方 […]
  • 《ブラジルサッカー》首位フラメンゴ8連勝、2位パルメイラスは5連勝=優勝はほぼ2チームの争いに2019年9月28日 《ブラジルサッカー》首位フラメンゴ8連勝、2位パルメイラスは5連勝=優勝はほぼ2チームの争いに  サッカーブラジル全国選手権1部リーグ第21節、全10試合の内、8試合が25、26日に開催された。  25日はマラカナン・スタジアムで、首位フラメンゴと4位インテルの一戦が行われ、フラメンゴが3対1で快勝。リーグ戦連勝記録を8に伸ばした。また、ブラジル代表にも選ばれ、 […]