ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 1日に起きたサンパウロ市セントロの24階建てビルの炎上、倒壊後、現場となったラルゴ・ド・パイサンドゥ付近は、倒壊で生じた瓦礫や被災者らが持ち出した生活品が散乱し、混沌とした状態にあるという。そんな最中、住処を失った元住人らが僅かな衣類や毛布などに包まり、夜を過ごす姿も見られている。ブルーノ・コーヴァス市長は瓦礫撤去などをなるべく早く完了させ、元住人らを施設に送る手続きを行いたいとしている。また、9歳の双子の兄弟とその母親(38)の3人が行方不明のままで、父親(42)が生存を信じて待っている。状況は厳しいが、生存を信じて救出活動にあたってほしいところ
     ◎
 2日、サンパウロ市とグアルーリョス空港を結ぶCPTM13号線が正式に通常運転をはじめた。その間、実に9キロ。市民としてはありがたく、CPTM側も「乗客数1日平均12万人」を目指しているはずなのだが、2日に関する限り、期待された車両の中はガラガラに終わった。駅の中には、利用者の姿がほとんど見られないところもあったという。最近は駅の開通ラッシュが続いており、他の線に市民の興味が向いてしまったか。いずれにせよ、今一度の宣伝活動が必要なようだ。
     ◎
 3日に行われたサッカーのリベルタドーレス杯で、コリンチャンスは本拠地イタケラでの対インデペンディエンテ戦に1―2で敗れた。この試合を落としても、グループ・リーグ7のトップは変わらないが、勝っていれば決勝トーナメント進出に大きく近づいていたため、痛い敗戦となった。残り2試合で立て直せるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年11月28日 東西南北  ジャイール・ボルソナロ次期大統領の三男で下院議員のエドゥアルド氏が26日、米国での外遊をはじめた。ワシントンDCで記者会見を行ったエドゥアルド氏は、「損なわれたブラジルの信用を取り返す」と、父の新政権について語った。同氏はさらに、その後に行われた米国の政府関係者との会議でベネ […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボルソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2018年8月17日 東西南北  7月開通との話が8月になり、月半ばにして情報が途絶えていたサンパウロ市地下鉄5号線の4駅について、サンパウロ州運輸局のクロドアウド・ペリッシオーニ局長が16日、ラジオのジョーヴェン・パン局の取材で「最悪でも1カ月以内に開通」と答えた。それによると、現在、懸案となっているのが1 […]
  • 東西南北2018年6月6日 東西南北  4日、サンパウロ市地下鉄は、現在工事中の地下鉄5号線に関して、AACDセルヴィドール駅、サンパウロ病院駅、サンタクルス駅、シャッカラ・クラヴィン(CK)駅が7月中にも開通する、との発表を行った。これらは、4日に通常操業となった同線モエマ駅以東の駅で、サンタクルスで1号線、CK […]
  • 東西南北2018年5月3日 東西南北  本日付本面で報じているサンパウロ市セントロの大火災は、そのショッキングな炎上の光景も重なり、1日のブラジルのニュースを独占した。その影響もあり、本来ならトップで報道されているはずのメーデーのイベントがすっかり影が薄くなってしまった。それに輪をかけるように、サンパウロ市のカンポ […]