ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領選=バルボーザが出馬を断念=支持率高い候補だが=政党内部や家族説得できず=今後のPSBの動向にも注目

《ブラジル》大統領選=バルボーザが出馬を断念=支持率高い候補だが=政党内部や家族説得できず=今後のPSBの動向にも注目

バルボーザ氏(Nelson Jr./SCO/STF)

バルボーザ氏(Nelson Jr./SCO/STF)

 8日、10月の大統領選への出馬が有力視されていた元最高裁判事のジョアキン・バルボーザ氏(ブラジル社会党・PSB)が出馬断念を発表した。同氏は世論調査でも全体で3、4位となる10%前後の支持率を獲得し、政界浄化を期待する人たちの票を集めるのではないかと期待されていた。8日付現地サイトが報じている。

 バルボーザ氏は8日午前10時7分に自身のツイッターに、「決断した。この数週間、様々なことが起きたが、結論に達した。大統領選には出馬しない。それは個人的な理由によるものだ」とのツイートを投稿した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ