ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=火災現場から新たな遺体=行方不明者の数は7人に

サンパウロ市=火災現場から新たな遺体=行方不明者の数は7人に

2人目の遺体が発見されたビルの跡地(@BombeirosPMESP)

2人目の遺体が発見されたビルの跡地(@BombeirosPMESP)

 【既報関連】1日未明の火災で、少なくとも1人の犠牲者が確認されたサンパウロ市中央部ラルゴ・ド・パイサンドゥのビル跡地で8日未明、子供と見られる遺体発見と同日付現地紙サイトが報じた。
 遺体発見現場は崩壊したビルの敷地中央部で、一部が炭化した遺体は小柄なため、9歳の双子の一人と見られている。
 消防は警察犬の反応などを基に、7日夜からビル中央部に重点を置いた捜索を開始。状況から、遺体発見現場は双子とその一家が住んでいた7階部分と見られている。
 マジノ・アウヴェス保安局長によると、現場では指輪や骨も見つかったが、大人の骨か、子供の骨かの判別はまだだ。遺体が炭化していた事などから、生存者がいる可能性は一段と低くなった。
 消防は警察犬が異なる反応を示して以来、重機の使用を止めており、瓦礫除去などは全て手作業で行われている。また、8日未明に確認されたガス漏れは、同日早朝に必要な措置がとられた。
 他方、この火災に伴う公式の行方不明者は、8日朝の時点で7人に増えた。6日までは、9歳の双子とその母(40)、47歳の男性と42歳の妻の5人だったが、7日にはアルトゥーツ・エクトル・デ・パウラ氏(45)、8日にはフランシスコ・ダンタス氏(56)の名前が加わった。
 ただ、崩壊したビルに住んでいたとして市役所が名前を登録したが、所在が確認できない人は相当数おり、実際の犠牲者数は確定できていない。
 なお、不法占拠を促して家賃などを徴収していたグループの実態と責任も捜査中だ。ビルに住んでいた人達が責任者と指摘したアナニアス・ペレイラ・ドス・サントス氏はその事実を否定している。また、国と市役所、検察は、同ビルの所有者と管理責任についても確認作業を進めている。
 同ビルは1961年に建設され、1992年にサンパウロ市歴史・文化・環境遺産保存審議会から歴史的遺産に指摘された。2002年からは国の資産として、連警や国立社会保障院として使われた。2015年に競売にかけられたが売れなかったため、2017年からはサンパウロ市教育文化局が使う予定になっていたが、所有権の移転手続きは終わっておらず、責任の所在は不明だ。不法占拠は数年前から起きていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要2020年10月20日 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要  サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区のブラジル本門佛立宗(HBS)の中央寺院日教寺(高崎日現ブラジル教区長)は18日、茨木日水上人50回忌決起大会と、笠戸丸移民である同上人が「僧侶」としてブラジル上陸した6月18日を「ブラジル仏教初祖の日」(Dia do […]
  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]