ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 近年、ブラジル人の間でポルトガルへの注目度がひそかに上がっている。昨年1年間にポルトガルに移住した人は公式な数字でも8万人(公称)おり、ポルトガルの大学に入学する人も前年比で31%も増えている。この背景には、経済や暴力で混乱するブラジルに嫌気が差して国外に出たい人が増えていることや、国家高等試験(ENEM)を通じてポルトガルの大学へ入学するシステムが整ったなどの要因があるという。10年ほど前、ブラジルが経済的に右肩上がりだった頃に、ポルトガル人の方がブラジルに憧れたのとは真逆の状態だ。ただ、ポルトガルは旧い歴史を持つ伝統的な国で、ブラジルにとっては旧宗主国でもあるだけに、文化的交流としては良い機会かも。
     ◎
 9日午後、サンパウロ市セントロで、路上生活者の社会活動団体が数千人規模で住宅の不法占拠への取り締まり反対を叫ぶ抗議デモを行った。集団はセー広場から、市庁舎やサンパウロ州都市住宅開発公社などに向かって行進を行い、自分たちの立場を主張した。1日に起きたセントロの24階建ての占拠ビルの火災と崩壊以来、不法占拠者に対する風当たりが強くなっている。不法占拠は積年の問題で解決が難しいが、市は今後どう対策していくか。
     ◎
 9日のサッカーのブラジル杯。パルメイラスは敵地ベロ・オリゾンテでのアメリカMG戦を2―1で下した。これで再来週の本拠地での再戦で引き分け以上なら準々決勝進出となる。パルメイラスはリベルタドーレス杯で決勝トーナメント進出を決めた上、全国選手権でも現時点で2位。今年は大きな期待の持てる年になりそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月24日 東西南北  23日、ブラジルのメディアはどこも、「サッカーの王様」ペレ一色だった。それは、この日がちょうど、節目となる80歳の誕生日だったためだ。そのため、ブラジルの新聞やサイトは写真で彼の選手時代の栄光の瞬間を振り返ったり、彼のゆかりの地を紹介したり、現在の名選手との比較をしたりなど、 […]
  • 東西南北2020年10月23日 東西南北  「モストラ」名でおなじみのサンパウロ国際映画祭(https://44.mostra.org/)。モストラは毎年、この時期開催で、今年はコロナ禍の中での開催が心配されたが、22日から開幕となった。だが、今年はやはり変則的で、オンライン(https://mostraplay.mo […]
  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]
  • 東西南北2020年10月10日 東西南北  今度の月曜日の12日は、ブラジルの守護神「ノッサ・セニョーラ・ダ・アパレシーダ」の祝日となる。毎年、サンパウロ州アパレシーダの聖堂は女神像を拝みに行く人で溢れかえる。だが今年は、コロナ禍があるので行くのを控える人も少なくなさそう。だが、カトリック信者にとっては大事な日であり、 […]
  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]