ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ダッタフォーリャの最新の世論調査により、国民の81%はラヴァ・ジャット作戦の継続を望んでいることがわかった。18年4月にルーラ元大統領が服役しはじめたときは84%の人が継続を支持。ルーラ氏が釈放されたからといって、ラヴァ・ジャット作戦のイメージが揺らいだわけでもなく、多くの人が汚職捜査を求めていることが窺える。また、「汚職は今後、減ると思うか?」の質問には47%が「変わらない」、41%が「減るだろう」と答えた。18年4月の時点では「変わらない」が51%、「減るだろう」が37%だったので、ややポジティヴにはなったが、それほど変わらず。今後、どうなる?
     ◎
 9日夜、サンパウロ州グアルジャーで、43歳の神父が14歳の少女を強姦しているところを現行犯逮捕された。事件発生の場所はショッピング・センター内の公衆トイレで、個室に少女を閉じこめて強姦したという。2人の警備員が異変に気づき、神父を取り押さえ、警察に引き渡した。調べによると、この男性は2007年に神父に任命され、現在はサンパウロ市南部カンポ・リンポ教区の担当神父をつとめていた。事件当日は休日だったという。
     ◎
 1月からサンパウロ州都電(CPTM)の駅の警備に、平服警官が配備されることになった。対象となるのは7、8、9、11、12、13号線で、全28駅の予定だ。CPTMによると、軍警が勤務外の時間を使い、1日8時間、月10日(計80時間)を上限として、警備を手伝うという。CPTMと軍警との間の契約期間は2年だが、5年までは延長もありえるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年6月20日 東西南北  一般犯罪も当然起きている。それどころか、全国でもっとも外出自粛が厳しかった今年の4月、ブラジルでは殺人事件が3950件も起き、しかも昨年同月より8%増えた。今年2月は4001件、3月は4151件なので、それに比べれば減っている。だが、外出する機会が激減したのに、殺人件数の方は […]
  • 東西南北2020年6月16日 東西南北  この週末も、各地でボウソナロ大統領に抗議するデモが行われた。13日のサンパウロ市パウリスタ大通りでは、参加者が各々、社会的距離を保ち、コロナウイルスや軍政下の迫害、警官によって死亡した人たちの写真を掲げるという静かな抗議行動が行われた。サンパウロ市では14日も大統領支持派と反 […]
  • 東西南北2020年6月18日 東西南北  新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛で、映画館や劇場、サッカースタジアムなどが開かないため、娯楽が減って生活が退屈になりがち。その対策として、野外で映画鑑賞を行う「ドライブイン・シアター」が人気を集めている。サンパウロ市西部バラ・フンダのラテンアメリカ記念館が17日に始 […]
  • 東西南北2020年6月10日 東西南北  米国のワシントン・ポスト紙によると、現在、全米で起こっている黒人に対する人種差別に反対するデモに、同国民の74%が賛成しているという。トランプ大統領所属で保守派の共和党支持者も、「53%対47%」で賛成が上回っている。トランプ大統領は破壊行為参加者を「テロリスト」と呼んで非難 […]
  • 東西南北2020年6月11日 東西南北  サンパウロ市では10日より、商店や不動産屋の営業再開が認められた。ショッピングセンターは11日から。今回の営業再開には様々な制限がかけられており、一般商店の営業時間は11~15時、ショッピングセンターは6~10時か16~20時の4時間となっている。どちらも営業規模を外出自粛前 […]