ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》労働者党元市議と息子に逮捕状=ルーラ逮捕前夜の殺人未遂で

《ブラジル》労働者党元市議と息子に逮捕状=ルーラ逮捕前夜の殺人未遂で

 ルーラ元大統領に逮捕命令が出た4月5日、元大統領支援者がルーラ研究所前で起こした殺人未遂事件で、労働者党(PT)元市議とその息子に逮捕令状が出たと12日付現地紙が報じた。
 事件が起きたのは、元大統領逮捕命令が出た5日夜だ。サンパウロ市のルーラ研究所前の前には元大統領支援者らが大勢集っていたが、通りかかりの企業家、カルロス・アウベルト・ベトニ氏(56)が、ルーラ氏や彼を支援する政治家を批判したため、元ディアデマ市議のマノエル・エドゥアルド・マリーニョ(通称マリーニョ・ド・PT)と息子のレアンドロ・エドゥアルド・マリーニョの2人から暴行を受け、バランスを崩した際、後方から来たトラックのバンパーで頭を強打。ベトニ氏は頭蓋骨骨折で手術後、集中治療室に3週間入院する必要が生じた。同氏の健康状態は現在も思わしくない。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ