ホーム | ブラジル国内ニュース | 名司会者ゼー・ベッティオ死去 サンパウロ州ラジオ界の第一人者

名司会者ゼー・ベッティオ死去 サンパウロ州ラジオ界の第一人者

 サンパウロ州ラジオ界の大物司会者として知られたゼー・ベッティオが、サンパウロ市北部の自宅で27日に睡眠中に亡くなった。92歳だった。28日付現地サイトが報じている。

 ゼーは、1926年にサンパウロ州プロミッソンで生まれた。元々はセルタネージャの歌手で、作曲やアコーディオン演奏もこなしていたが、ラジオ・ジフゾーラ・デ・グアルーリョス局で毎週土曜日にレギュラーで話す機会を与えられてからは、司会を生業にするようになる。

 コメッタ局に移籍してからは徐々に名前が知られるようになり、70年代にレコルデ局に移ると知名度が一気にあがった。この当時の彼の朝の番組での「起きろ。彼に水をかけてやれ」は、ゼーを語るに欠かせない名調子として知られた。

 80年代にカピタル局に移籍する頃には「番組リスナーの最も多いラジオ司会者」の一人になっており、その後にガゼッタ局に移籍しても人気を博した。2006年に古巣のレコルデ局に復帰、83歳だった2009年まで番組を続けた。

 彼は、ブラジルにおけるセルタネージャの人気向上に貢献した人としても知られている。

 死の数カ月前には脳血管障害を煩っていたという。遺体は27日に自宅近くの霊園に埋葬された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特別企画】多彩な活躍する水谷ペドロ氏=コロナ禍でも好調な砂糖産業=世界と繋がるカラオケ大会《3》2021年5月7日 【特別企画】多彩な活躍する水谷ペドロ氏=コロナ禍でも好調な砂糖産業=世界と繋がるカラオケ大会《3》 ボルソナロ大統領からも期待される水谷氏とは  今日、ブラジルのアグロビジネスの主要な柱であるスクロエネルジェチコ(砂糖エネルギー)部門の重鎮となった水谷ペドロ・イサム氏は、1959年にサンパウロ州リベイロン・プレットで生まれた。愛知県出身の父親は2歳、広島県出身の母親 […]
  • 《サンパウロ市》年越しイベントはオンラインで=目玉アーティストぞくぞく2020年12月29日 《サンパウロ市》年越しイベントはオンラインで=目玉アーティストぞくぞく  サンパウロ市恒例の年越しイベント「レヴェイロン」は新型コロナウイルスの影響により、オンライン開催となる。これは、市最大の繁華街パウリスタ大通りで毎年12月31日夜に行われるコンサートを中心とするイベントだ。  コンサートの動員数は毎年延べ100万人以上を記録し、市の […]
  • 東西南北2020年4月10日 東西南北  8日の夜のボルソナロ大統領の政見放送は、外出自粛令を止める呼びかけと、世界でもまだ試験段階の薬品の処方を勧めるもの、という物議を醸す内容だったが、世間へのインパクトはそこまで大きくなく、ツイッターでの話題にもあまり上がらなかった。大統領支持派の人は「ボルソナロにノーベル賞」な […]
  • 【日本移民の日2019】台頭するブラジルの異才、鬼才=黄金期再来を予感させる映画界=世界的活躍へ一歩踏み出す音楽界2019年6月20日 【日本移民の日2019】台頭するブラジルの異才、鬼才=黄金期再来を予感させる映画界=世界的活躍へ一歩踏み出す音楽界  「文化はあまり重要視されない」「支援金が減らされる」―これがボルソナロ政権時代にブラジルの文化環境に関してよく言われる言葉だ。だが、こう言っては不謹慎かもしれないが、ブラジルの場合、かつて民主主義と自由が抑圧されていた軍事政権時に映画も音楽も発展を遂げた、という歴史的 […]
  • サンパウロ州=兄弟歌手が交通事故死=反対車線でトラックと衝突2018年10月24日 サンパウロ州=兄弟歌手が交通事故死=反対車線でトラックと衝突  サンパウロ州バタタイスの高速道で21日、セルタネージャ歌手の兄弟が衝突事故で死亡する事故が起きた。23日付け現地紙が報じている。  亡くなったのは、セルタネージャの2人組歌手「ファビオ&ギリエルメ」。2人は21日、アルチーノ・アランテス高速道をホンダ車で走っていたところ、反 […]