ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》ジャカレイー市=大雨で洪水、倒木、地滑り=60軒余りが立ち入り禁止に

《サンパウロ州》ジャカレイー市=大雨で洪水、倒木、地滑り=60軒余りが立ち入り禁止に

 サンパウロ州では、寒冷前線通過とサンパウロ州内陸部に居座る低気圧などにより、25日に強風を伴う豪雨に見舞われたところがある。
 その一例は、サンパウロ州内陸部のジャカレイー市だ。
 同市では、25日夜、僅かの時間に105ミリという強い雨が降り、16カ所で冠水が起きた。最も被害が大きかったのはリオ・コンプリード区で、増水した川が溢れ、何軒もの家が浸水被害に遭った。
 また、ノヴァ・ジャカレイー区では、アパートの門番詰め所が崩れ、70人ほどの住民も退去を余儀なくされた。市役所によると、25日夜10時頃、敷地内のアスファルトが陥没。穴に飲み込まれた形になった門番詰め所は、約45度の斜面にかろうじて乗っかった状態になった。アパートの住民らは未明に退去させられ、親族などの家に引き取られた。
 シダーデ・サウヴァドール区では夜9時頃に家屋の車庫の床が崩れ、電信柱と車も巻き込まれた。この家の住民も親族の家に身を寄せている。
 同市付近を走るヅットラ街道は、26日午前3時半頃、167キロ付近と165キロ付近でがけ崩れが起き、通行禁止となった。また、171キロ地点では、26日未明に起きた土砂崩れでサンパウロ方面行きが通行不能となった。
 また、強風のため、リオ・コンプリード区のペドラ・マル、ジュリオ・デ・カルヴァーリョ地区では倒木が起き、タンキーニョ道が数箇所、通行止めとなった。
 また、近くのタウバテー市でも25日夜8時頃、工事中である事を示す看板が強風で飛ばされた上、溢れた水によってアスファルトの路面に出来た穴が見えなかったため、車が穴に引っかかって身動き出来なくなるという事故が起きた。
 商品を届けに行った後に、街まで戻ろうとしていたアレッシャンドレ氏は、冠水が広い範囲に及んでいたため、渡れないと判断して車を止めたところ、水の勢いが強く、流されたという。(26日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》森林火災が昨年同期の倍を超す=保護される動物の数も増加2020年9月18日 《サンパウロ州》森林火災が昨年同期の倍を超す=保護される動物の数も増加  法定アマゾンやパンタナルでの森林火災ばかりが注目されがちだが、森林火災はサンパウロ州でも増えている。  国立宇宙研究所(Inpe)のデータによると、サンパウロ州では1月から9月15日までに4293件の森林火災が記録された。昨年同期の火災は2020件だから、今年の火災 […]
  • 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重2020年9月18日 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重  17日、ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長が、サンパウロ市の学校での対面授業再開に関する会見を開いた。当初予定していた10月7日からは課外授業のみを再開し、正式な授業(正課授業)の再開は11月からとした。17日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジルでは新型コ […]
  • 《リオ州》CVを2億レ資金洗浄で捜査=サンパウロ州PCC摘発に続き2020年9月18日 《リオ州》CVを2億レ資金洗浄で捜査=サンパウロ州PCC摘発に続き  16日、リオ州を拠点とする犯罪集団「コマンド・ヴェルメーリョ(CV)」の資金洗浄疑惑に対する捜査が行われ、大物幹部が逮捕された。16日付現地サイトが報じている。  今回行われた「オーバーロード2」作戦は、2015年に行われた「オーバーロード作戦」の続編にあたる。主導はリオ州 […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボウソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]