ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 アルゼンチンのブエノスアイレスで開催された20カ国・地域(G20)の外相会談に先駆けて、19、20日に当地を訪問した河野太郎外務大臣。忙しい合間を縫って、日系社会との懇親に時間を割いていたが、時事通信など日本のメディアで配信された記事では、JHの講演で北朝鮮情勢での連携呼びかけたことを強調するのみ。これに対し、河野大臣は自身のツイッターで「なぜこういう見出し、記事になるのかわからん。北朝鮮問題以外に興味がないのだろうか」と痛烈に批判。今年は移民110周年の節目であり、「日系社会との連携強化」が外相来伯の最大の理由であったはず。7月の祭典行事では、日本から多くの報道関係者が来伯することが予測される。ぜひとも〃本筋〃の部分を取上げて欲しいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年3月25日 大耳小耳  日本ブラジル中央協会(東京都港区)の機関紙『ブラジル特報』637号が3月に刊行された。《葡萄ジュースよりワインの方が安い町》カシアス・ド・スールの紹介から始まり、佐藤悟駐伯大使の「ブラジル・ナウ」によれば《1月19日、テメル大統領は(中略)4月の日伯賢人会議と5月のジャパン・ […]
  • 「島唄」宮沢が7月式典で熱唱=移民の日、千人の大法要に!=菊地実行委員長 リッファ購入呼びかけ2018年6月14日 「島唄」宮沢が7月式典で熱唱=移民の日、千人の大法要に!=菊地実行委員長 リッファ購入呼びかけ  7月21日のブラジル日本移民110周年式典まで残り僅か一カ月――それに先駆けて、17日午前8時半からイビラプエラ公園の先没者慰霊碑は例年通りだが、10時半から文協大講堂にて催される移民の日の「開拓先没者追悼法要」の方は節目の年に相応しく、千人規模の大法要になる見込みだ […]
  • 聖総領事館=大任終え、佐藤領事が帰朝=元本紙記者の池田副領事着任2018年6月13日 聖総領事館=大任終え、佐藤領事が帰朝=元本紙記者の池田副領事着任  在聖総領事館(野口泰総領事)の広報文化班の佐藤卓央領事(43、奈良県)が離任し、池田泰久副領事(34、静岡県)が着任するため、11日に挨拶に来社した。  佐藤領事は2015年9月に着任し、秋篠宮同妃両殿下の伯国訪問に関する業務という大任を最初からこなした。さらにジャ […]
  • ジャパン・ハウス1周年=来館者数77万人を記録=将来的な収益性強化が課題2018年5月16日 ジャパン・ハウス1周年=来館者数77万人を記録=将来的な収益性強化が課題  日伯政府要人が一同に会し、華々しくオープンしてから丸1年を迎えたジャパン・ハウス(平田アンジェラ多美子館長、以下、JH)。開館わずか1カ月で来館者は7万5千人、1年間では延数76万9502人を記録した。当初の年間目標13万6千人を遥かに上回る実績をあげ、パウリスタ大通 […]
  • JH=大岩オスカル「天国」展開始=空間藝術や絵画作品3点も2018年4月4日 JH=大岩オスカル「天国」展開始=空間藝術や絵画作品3点も  ジャパン・ハウス(平田アンジェラ多美子館長)は、日系人画家大岩オスカル氏(52、二世)の特別展『Oscar Oiwa in Paradise - Drawing the Ephemeral』を今月3日から6月3日まで、同館地上階(Av. Paulista, […]