ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》母親が殺人容疑の息子に服薬=寝入ったところで警察に通報

《サンパウロ州》母親が殺人容疑の息子に服薬=寝入ったところで警察に通報

 サンパウロ州海岸部のサンヴィセンテ市で20日未明、母親が殺人容疑の息子に薬を飲ませて眠らせ、警察に通報。息子の逮捕で、母親が「ほっとした」とこぼす事件が起きた。
 母親の通報で逮捕されたのは、マギノ・ブランダン容疑者(27)だ。
 同容疑者は同市内で、タミーリス・デ・ソウザ・サントスさん(30)と、その連れ子のナイアラ・マシャド・デ・ソウザ・サントスちゃん(8)、ニコリイ・デ・ソウザ・サントスちゃん(4)と共に住んでいたが、10日未明に3人が遺体で見つかり、殺人容疑がかけられていた。
 3人は皆、胸と首筋を刺されて死亡しており、遺体は既に腐乱していたという。
 警察によると、隣人達は、その前の週に、ブランダン容疑者とタミーリスさんが口論しているのを聞いている。口論は相当激しく、屋外にいてもはっきりと聞こえるほどだったという。
 母親によると、ブランダン容疑者は母親も脅迫していたため、19日の夜、自宅に来た容疑者に精神安定剤入りのジュースを飲ませ、寝入ったところで警察に通報したという。母親は息子の逮捕後に、「これでやっと肩の荷が下りた」と語っていたという。
 取調べの結果、ブランダン容疑者が3人を殺害したのは5日で、遺体が発見されるまでの間、警察に通報する事もせず、遺体と共に過ごしていたという。警察が同容疑者の仕業と判断したのは、遺体が発見される前日、同容疑者が被害者の家にいたという隣人の証言が決め手となった。
 ブランダン容疑者の父親によると、同容疑者は麻薬常用者で、犯行後、タミーリスさんの携帯電話から送ってきたメッセージで、赦しを乞うと共に、「自分がやった事は絶対に赦せない」とし、「朝、目が覚めたら手にナイフを持っていた」と自供したという。
 警察は、父親の証言とその携帯電話に残っていたメッセージだけで、同容疑者の犯行を裏付けるのに十分な証拠となると判断している。(20日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ》感染拡大で州全域に外出自粛厳格化=あと4週間でICU占有率100%に?=20時以降は営業禁止、昨年6月水準に逆戻り2021年1月23日 《サンパウロ》感染拡大で州全域に外出自粛厳格化=あと4週間でICU占有率100%に?=20時以降は営業禁止、昨年6月水準に逆戻り  サンパウロ州保健局は22日、新型コロナ対策としての外出自粛規制を見直し、7地区が5段階中最低の赤レベルに指定され、サンパウロ大都市圏を含む他の地域が2番目のオレンジ・レベルとなった。月〜金曜日の20時から翌朝の午前6時、土、日、祝日に関しては州内全域が赤レベルとなる。 […]
  • 《ブラジル》サンパウロ市で17日ワクチン接種開始=許可出るも中国製のみ調達済=英国製届かず大統領面目丸つぶれ2021年1月19日 《ブラジル》サンパウロ市で17日ワクチン接種開始=許可出るも中国製のみ調達済=英国製届かず大統領面目丸つぶれ  国家衛生監督庁(ANVISA)は17日、コロナウイルスのワクチンとして緊急使用願いが出されていた「コロナバック」「オックスフォード・ワクチン」の二つを満場一致で承認した。25日からコロナバックの接種開始とかねてから発表していたサンパウロ州では、17日の内にさっそく前倒 […]
  • 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに2021年1月16日 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに  15日、サンパウロ州保健局が前回から1週間という異例の早さでコロナウイルスの外出自粛規制の見直しを行い、1地区が5段階中最下位の赤レベル、7地区が下から2番目のオレンジ・レベルに落ちて厳しくなった。大サンパウロ市圏は変わらず黄レベル(3番目)だった。15日付現地サイト […]
  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]